Beablog 仮想通貨とトレードテクニックのブログ

【保存版】トレードを独学するための完全ロードマップ【10ステップ】

Trade

トレードで稼ぐための方法を知りたい人「トレードで稼げるようになりたい。どうすればトレードで稼げるようになれる?稼ぐトレーダーになるためには何をすればいい?FXや仮想通貨FXを始めたいけど、損するのが怖くて始められない」

このような悩みを解決します。

✓今回の記事内容
  • トレードで稼ぐための第一歩
  • 今のあなたのトレーダーレベルのチェック
  • トレードで稼ぐためのロードマップ(10ステップ)
  • トレードレベルに合わせた勉強本の紹介

この記事を書いている私は、株とFXのトレード歴は合計15年。
ライブドアショックとリーマンショックを経験し、どちらも無傷で生き残ってます。

ここに書いたロードマップは、私が始めたばかりの頃に知りたかった順序と具体的内容を示してあります。

✓いまこれを読んでいるあなたは、非常にラッキーな人です。

なぜなら、

  • ここに書いてある内容はどこにも書いていない
  • ネットで検索しても企業ページが上位表示されて、当たり障りのない内容しか書いてない
  • 企業ページで記事を書いている人で実際にトレードしている人はほとんどいない

株、FXのサイトやブログを見ると、実際にトレードしている人かどうかは、すぐにわかります。だけど、初心者には見分けがつかないでしょう。

この記事を最後まで読めば、先の見えない薄暗闇の中で進むべき方向がわかるようになるでしょう。

ーーー もくじ ーーー
  1. トレードで稼ぐための第一歩
  2. トレードで稼ぐためのロードマップ(10ステップ)
  3. トレードで稼ぐための本の紹介
  4. まとめ:トレードで稼ぐための10ステップ完全ロードマップ

 

トレードで稼ぐための第一歩

トレードで稼ぐための第一歩

一歩目の行動をとる。
【本文前に】
下記のような人たちの言葉に惑わされてはいけません。(餌食になるだけ)

誤解が多いですが、銀行、証券会社の人達や、投資アナリスト、アドバイザーの人達は、トレードのプロではありません。彼らは知識はあるけど、トレード経験はあまりありません。(経験があり、勝てるのならば仕事を止めて独立してるはず)

さらに書くと、某モルガンで1千億円くらいを運用していた人でさえ、独立してフリーになった途端に勝てなくなります。(理由は上級者向けなのでここでは省く)

そういう世界に踏み込んでいる(または踏み込もうとしている)わけです。

自分の実力を知る

次の項目であなたのトレードレベルを10段階でチェックしてもらいます。
そこで自分の実力と稼げるトレーダーまでどれくらい距離があるかがわかるはず。

✓ この10段階の順番がトレードで稼げるようになるためのステップを表している。

よほどの例外がない限り、この順番に成長していくはずで、
飛び級もほぼないと思った方がいいでしょう。

理由は、私自身かなり早くからメンタルや資金管理が重要だという知識はあったが、本当の意味で重要と知るのは、だいぶ後になってからだった。

これは、スポーツなどと同じでトレードは体得していくことによって成長し、次の課題が理解できるようになるからだと気づいた。

決断する

ここに書いてあることを信用していいのか否か?初心者には判断はつかないはず。※もし判断できていれば、すでに勝てているトレーダーということになる。

だけど、あなたがこれを信用してどんなデメリットがあるか?考えてみて欲しい。
そして信じて勝てるようになったメリットと比べてみて欲しい。
※このリスクとリターンを秤にかける思考はトレードで重要

止めるのも進むのもあなたの自由。
私は自由を尊重する。

知識と経験は違う

読み進める上での注意点があります。

「メンタルが重要」という内容はどこかで読んだことがある知識かもしれないけど、知識として知っているのと経験として知っているのとでは、雲泥の差なので注意が必要。

書いてあることが理解できるということは、日本語が理解できるということにすぎない。その内容を経験で知るまで、本当に知っているとは言えない。

トレードで稼ぐためのロードマップ(10ステップ)

トレードで稼ぐためのロードマップ

あなたは今どこにいますか?

今のあなたのトレードレベルをチェックをしよう

下記で自分のトレードレベルをチェック

  1. 何も知らずにトレードを始め、ロスカットできずにボロ負けする。
  2. ロスカットの重要性を知りロスカットをするが、ルールがないのでロスカット貧乏となり資金は減り続ける。
  3. ルールを作るがポジポジ病でつい余計なエントリーで負けてしまう。(刺激を求める)
  4. 上記の負けをルールのせいと思い込み、いろんなテクニカルを入れ過ぎたり、負ける恐怖で今度はなかなかエントリーできなくなる。
  5. 自己の売買記録をつけるようになり、その検証の結果、期待値プラスのルールを作るが、時々感情任せのトレードをして大負する。
  6. 確率的思考法とルールを一貫して実行する必要性に気づくが行動がともなわない。
  7. メンタルコントロールの重要性に気づき勉強するが、うまくできない。
  8. メンタルコントロールには資金管理が重要だと気付きルールに資金管理を取り入れ、破産確率が限りなく0に近づくルールでトレードし少しずつ資金が増える。
  9. 意識的に行っていたことが無意識にできるようになり、日々淡々とトレードを繰り返せるようになる。 資金は増え続け、トレードで生活できるようになる。
  10. ルールを外して、自己裁量でトレードしても勝てるようになる。

みんな同じ道をたどる

ひと通り10番まで読んで頂けただろうか?
つまり、この順序こそがトレードで稼ぐようになるための道しるべであり、ロードマップです。

3番、4番にいる人は「なぜわかるんだ?」とドキッとしたと思う。
安心して欲しい。みんなそこを通って先に進んでいるのだから。

正直、これを公開するかどうか迷った。

自分が苦労して得たものを無料で公開するというのは、なにか心に引っかかるものがある。(私はそんなに心の広い人間ではない)

でも、よく考えればここに書いたことを実行する人は3%程度。そして続けられる人はその内のさらに3%程度。

✓ つまり、これを読んだ人の内0.09%しか続かない。(千人に一人)
そのごく少数の人に感謝されるというのも悪くないと思って公開することにした。

次の項目ではもっとわかりやすく技術習得に絞って10ステップを書き直している。

トレードで稼ぐための10ステップ

ロードマップから習得すべきスキルだけを抽出するとこうなる

  • 1,ロスカットを覚える
  • 2,ルールを作る
  • 3,ルールに従ってトレードしながら、売買記録を残す
  • 4,売買記録から、期待値プラスのルールを作り出す
  • 5,確率的思考法、自己規律を身につける
  • 6,メンタルコントロールを勉強し実践する
  • 7,資金管理を加えて破産確率0に近いルールを作る
  • 8,淡々と、ルール通りにトレードする
  • 9,成果が出なければ、売買記録を見直してルールをチェックする
  • 10,9の繰り返し

一度に複数やろうとしてもいいが、たぶん無駄に終わるはず。人は二つ以上の事へ同時に意識を向けることはできないから。

一つのステップをマスターするのに最低2〜3ヶ月かかるから、9にたどり着くのに2年くらいはかかると思ったほうがいい。

これを先に知っていれば、(わたしのように)ちょっと勝てたからと言って仕事を辞めることは無くなるだろう。

このロードマップは株トレード、FXトレード、仮想通貨トレードのすべてに共通しているので、ジャンルに関係なく勉強して大丈夫。

仕事と思って取り組む

なぜか副業というものは片手間でやるイメージがある。
そしてFXは副業に入る…つまり、FXを片手間でやろうとする人がほとんど。(だからみんな半年で消える)

しかし、これを生業としている人たちがいることを忘れてはならない。
そんな人たちと同じ土俵で戦うわけだから、片手間なんかではあっという間に身ぐるみ剥がされて相場から退場させられる。

トレードを一つの仕事と思って取り組まないと、まず稼ぐトレーダーには成れないと肝に銘じておこう。

トレードで稼ぐための本の紹介

トレードで稼ぐための本の紹介

各トレードレベルに合わせた本を紹介していきます。

いままでどれくらいのトレード本を読んだのか覚えていないし、ほとんどを処分したのでどんな本を買ったのかも完全に覚えていない。

だけど、数十冊の中から覚えているという本は有益だったからであり、その有益な本の一部をここで紹介します。

トレードの役に立つ本の紹介

それでは、各レベルに合わせて読むべき本を紹介します。

一応断っておきますが、いっぺんに買っても頭に入らないので、2~3冊くらいずつ買うのがベスト。レベルが上がった時に次の本を買うのがいい。

下記では13冊の本を紹介していますが、そのうちの5冊がAmazonの Kindle Unlimited (読み放題)に対応してます。トレード関連の本は高いので、1冊/月でも十分に元が取れます。(それ以外に200万冊が無料で読める)

今だと1か月無料か、2ヶ月99円(2022年3月時点)でしかも、いつでも解約できるので賢く使いましょう。

レベル1

◆この本を読んだことがないのなら、読んだ方がいい本。

この本はレベル5くらいまでは通じるので、何度も読み返えすべき本。
レベル3〜5の人も読んだことがなければ、読んだ方がいい

この本と初心者向けの株、FXの始め方みたいな初期本を一冊買えば最初は十分。
(初期本:ローソク足やスプレッドなどの基礎から教えてくれる本)

◆テクニカル分析の先駆者である伝説の相場師のことが書かれたこの本もお勧め。

一読するだけだと、伝記書のようだけど何度も読むとヒントがいろいろ隠されている。伝記書としても面白い。

上記2冊は株の本だけど、先に説明したようにFXその他のトレードにも使える。

レベル2

◆トレードに必要な基礎的なスキルを身につける練習になる。

当時は株をしていたのでこれを先に買った。
この本で基本的なことを学び、マルチタイムフレーム(複数時間軸を見る)を学んだ。

◆FXならこちら

必要最低限の必須スキルが身につく!

◆いまならこんな続編も出版されてる。

トレンドラインも習得必須スキル!
私はトレンドラインをマスターするために何十枚ものチャートを印刷して何日も引きまくったことがある。

他にも兄弟本が出版されているので、気に入ったら他のも買ってみるといいと思う。ただし、紹介した本の内容をマスターしてからの話し。

この本プラス、売買ルールについて書いてある本を数冊買うといい。その中から自分に合う手法を選んで検証、実践する。もしくはレベル3で紹介する本を参考にするのもいい。

ちなみに私はこの練習帳から最初の売買ルールを作った。

◆私のお気に入りの本。

ほとんどの本は捨ててしまったけど、この本は今でも持っている。
凄腕トレーダーのインタビュー本で、いつ読んでもテンションが上がる。

質問者がいい質問をするので、いい話を引き出している。

レベル3

私がFXルールを作る時に参考にした本を紹介しようと思ったが、もうどこにも売ってなかった…orz
※似た題名の本があり、あまり役に立たなかった記憶があるので、間違うといけないから紹介は止めておく。

◆代わりにこちらを紹介

題名が好きではないけど、内容はちゃんとしている。

ちなみにトレードで稼ぐために高勝率である必要ない。

◆ここまでオシレーターやインジケーターに関する本を紹介していない。これらは、向き不向きがあるので、自分でピンときたものを使えばいいと思う。

私自身、ボリンジャーバンド、RSI、MACD、ストキャ、RCI、平均足、一目、などいろいろ試してみたけど、結局一番使えるのが、MA、トレンドライン、水平線、そしてローソク足組だった。

◆ローソク足組に関する本。

この本は別に良書というわけではないけど、酒田罫線(足組)についてわかりやすく書いてある本がないので、紹介するという程度。他にあればそちらを買ってもいい。

◆こちらの本は、酒田罫線について根本から解説してある本。

亜流本は嫌だという人はこちらを読むのが良いと思う。

レベル4

◆この本は昔からあるベストセラー本。

元精神分析医でトレーダーになった異色の著者が群衆心理について書いている。
他にもテクニカル分析や出来高などについて書かれているが、やはり群衆心理について書いていることが一番の功績と言える本。

一つ前のレベル3で紹介しようとも思ったけど、売買ルールを執行するのに手いっぱいとなり、他の事まで気に掛ける余裕はないと思ったので、このレベルで紹介した。

動いているチャートを見ている時に群衆心理について考える余裕はなかなかないと思うが、これを考える癖をつけるとチャートが違って見える。

◆次に紹介するのは、伝説のトレーダー集団の本。

この本もずっと持っていたが、最近捨ててしまった。

ざっくりとした内容:

リチャードデニスという有名な相場師が、ウィリアム・エックハートという相場師と「トレーダーは養成できるか否か?」という賭けをすることから始まったプロジェクト。

千人の中から10人採用して教育し、一人100万ドル(当時だと3億円くらい)の資金を渡してトレードさせるというもの。そのトレーダー達はタートルと名付けられた。

ここで教わったことは10年間口外してはならないという契約があったため、その期間が終了後にタートルの中の一人にどういうことを教わったのか?ルールは?ということを聞き出して書かれた本。

なぜこの本を紹介するかというと、上記の通り相当成功している相場師のルールがどういうものかを知ることができるから。はっきりとルールは覚えていないが、至ってシンプルな順張りだった記憶がある。

ルールは複雑である必要はないということが理解できる本。

レベル5

◆自己規律はトレーダーにとって絶対不可欠な要素。

どんなにルール通りにトレードすると決めても、ぜったいに余計なことをしてしまう時期がある。

自己嫌悪になるくらいに、「なぜあんなとこでエントリーしてしまったんだろう?」と不思議に思う。そんな時はもうこの本しかない。

※少し理解しずらい文章なので、本当は音声で聞く方が向いている。上記のAmazonリンク先には「CD」も購入できるので、余裕のある方はそちらがおすすめ。音声で聞く方が無意識に刷り込みやすい。

◆確率的思考法を自分がいつ、なにで獲得したのか覚えていないので、これについてのおすすめ本はない。
「トレード 確率」で調べて自分で探してください。

※適当に思えるかもしれないが、読んだことのない本を紹介する方が適当になってしまうので。

ちなみに下記の記事のもくじ「投機とギャンブルの違いは無意味」の中で「ギャンブラーはなぜ存在するのか?」でも少しだけ確率に触れている。
参考記事>>【初心者用】投資と投機とギャンブルの違いをわかりやすく解説

レベル6

◆相場心理学の金字塔
ぜったい買うべき本。

本書の独特の言い回しは、3~4回読んでもなかなか頭に入らない。

そのうちオーディオBook?(今だとAudibleみたいなもの)だったかそういうのが出てきたので、それを買った。それをスマホに入れて、暇さえあれば常にそれを聞いている内にだんだんと自分の中に刷り込まれていった。

※できれば音声の方がいい。聞き流していても勝手に脳に刷り込まれていくから。幸い今ではAmazonには Audible(オーディブル)というものがあり、無料体験期間を上手く使えばこの本を無料で聞ける。(2022年3月)

レベル7

◆いままでに買った本を見返す。
特に下記の本

  • デイトレード
  • 投資苑
  • 規律とトレーダー
  • ゾーン
  • 時々マーケットの魔術師

読み返すたびに新しい発見があると思う。

以上がおすすめ本でした。

◆ 繰り返しますが、紹介した本13冊のうち5冊がAmazonの Kindle Unlimited (読み放題)に対応してます。トレード関連の本は高いので、1冊/月でも十分に元が取れます。(それ以外に200万冊が無料で読める)

今だと1か月無料か、2ヶ月99円(2022年3月時点)でしかも、いつでも解約できるので賢く使いましょう。

古い本が多いが年代は関係ない

相場に関して古いというのは、関係ないです。
それはリバモアのこの言葉が全て
「マーケットは繰り返す。ただ参加者が入れ替わるだけ」

逆に新しい本で「○○主婦が・・・」や「○○万円を1億にした・・・」などの本は一過性のもので、普遍的要素がないから使い物にならない。
※こういう人達が儲けた時の相場はだいたい一方的な上昇トレンド(下降トレンド)の時なので、トレンドが崩れたら通用しなくなる。

これ重要

上記のような一過性の本は1200円くらいで売られていて、ここで私が紹介した本はその2~3倍以上する本ばかり。

相場参加者の95%は負け組で
そういう人達はどちらの本を買っているか?想像してみて欲しい。

ちなみに相場に参加する初心者の80%は半年で退場するといわれている。
退場とは資金を無くしてトレードを止めることをいう。

だからあなたは運がいいと最初の方に書いた。
これから始める人なら尚更だ。
最初から本道を知り、そこを歩くことができるのだから。

売買ルールは自分で見つける

ここに紹介した本だけで成長できるわけではないので、そこは間違わないで欲しい。
それと、初心者が一番知りたいであろう、売買ルールについての本も紹介していない。

理由は

  • 誰がやっても同じ成果がでる売買ルールなどない
  • どんな相場でも成果がでる売買ルールもない
  • 売買ルールは個人の性格、生活習慣、資金などにもよって変わる

※ 順張りと逆張りに向いた性格は真逆になる。

✓ だからルールに関しての本は自分で見つけて試すしかない。(2~3冊買えばいろいろ書いてある)

他にも良書はたくさんある

紹介した本以外にも良書はたくさんある。
先述した通り、何十冊読んだのか私も覚えていない。

ウィリアム・オニールやたしかロシアのトレーダーが書いた本など、いいものもあった。ただ、いろいろ買ったので、どの本が役だったのか覚えていない。

ウィリアム・オニールの本で私はリーマンショックの大暴落を事前に予測できた。正確には予想時期は5月か6月だったので、数か月遅れで暴落は起きたけど。

またまた~と思うかもしれない。
たまたま~だったかもしれない。

とにかく、良書は時代を越えて役に立つということを伝えたかった。

まとめ:トレードで稼ぐための10ステップ完全ロードマップ

まとめ:トレードで稼ぐための10ステップ完全ロードマップ

今回の記事内容のまとめ

✓まとめ
  1. トレードで稼ぐための第一歩
    ・自分の実力を知ることからはじめる
    ・トレードは体得する必要があるので、知識だけでは役に立たない
  2. トレードで稼ぐためのロードマップ
    ・トレードレベルのチェックの10項目(長いので割愛)
    ・トレードで稼ぐための10ステップ(長いので割愛)
    ・トレードを仕事と思って取り組む
  3. トレードで稼ぐための本の紹介
    ・トレードレベルに合わせた本の紹介(長いので割愛)
    ・トレード本は古い新しいは関係ない。むしろ新しい本の方が汎用性は低い
    ・相場参加者の95%は負け組。彼らと同じ行動では勝てないと知るべき
    ・売買ルールは自分で見つける

✓ 以上がトレードで稼ぐための10ステップ完全ロードマップ。
長かったですね。お疲れ様です。
書いてる方はもっと疲れますが、渾身の記事が仕上がったと自負してます。

ここに書いたロードマップは、どこにも書いていない内容で、私が始めたばかりの頃に知りたかった順序と具体的内容が示してある。

相場という荒波の中にいると、自分がどこにいるのか?どこに向かっていけばいいのか?わからなくなる。
いろいろ試して結局元の位置に戻ってきたということも何度も繰り返してきた。

この記事では少なくとも、どの方向に向かえばいいのかを示している。それがわかるだけでも時間とお金の節約になるはず。

最後に:私からアドバイスを一つだけ送ります。
「相場では生き残ることが最重要」つまり資金を枯渇させてはいけない。
それでは、検討を祈ります。

 

◆未経験者、初心者の方、投資と投機の区別のつかない方は「【初心者用】投資と投機とギャンブルの違いをわかりやすく解説」の記事も読むことをお勧めます。(なにげに重要な内容)

 

◆ 仮想通貨FXや仮想通貨取引に興味がある方は「仮想通貨FXと為替FXの違いをトレーダー目線で解説【初心者向】」の記事が参考になります。トレーダー目線での解説なので、トレードに興味がある方には参考になると思います。