Beablog 仮想通貨とトレードテクニックのブログ

【今後の予想】仮想通貨イーサリアムがもみ合いを上にブレイクした!

Chart analysis Technical

この記事はこんな人向けです。

「イーサリアムの買いのタイミングを知りたい人。買ったけど含み損が出ている人。チャート分析を学びたい人」

私のツイート

これが何を意味しているのかを今回は解説します。

これを書いてる私は、株と為替FXを足してトレード歴15年。あのライブドアショックやリーマンショックも経験し、共に無傷で生き残っています。

【今後の予想】仮想通貨イーサリアムのチャート分析

黄色線のボックスレンジを上にブレイク。
ETH 10.26 4Hc
やっと狭いレンジのもみ合いを上にブレイクしました。

◆チャート分析&解説の前にこちらに目を通しておいてください。

トレード用語解説:
・トレンドL(ライン)とは相場が上下のどちらに向かっているのかを示す線。
・サポートL(ライン)とは支持線という意味で、下落を阻む買いが生じやすいポイントという意味。
・レジスタンスL(ライン)とは抵抗線という意味で、上昇を阻む売りが生じやすいポイントという意味。

 

チャート分析&解説

9月20日くらいから約1か月間、25,000円の範囲内でのレンジ相場でしたが、
昨日10月26日にやっと上にブレイクしました。

まずはチャート分析の基本として大きな時間軸で背景から見ていきます。

10.26イーサリアムの週足チャート(対円)

ETH 10.26 1W
昨年に付けた最高値からの下降トレンドLはまだ越えていません。

これを越えれば、本格的に上昇転換する準備が整ったことになります。

10.26イーサリアムの日足チャート(対円)

ETH 10.26 1D
日足を見ます。

青線のサポートL 1を下抜ける起点となったレジスタンスL1をすでに上抜けています。

この時点で次の目標がレジスタンスL2だったのですが、予想以上に売り勢が強くて思わぬところで足踏みをすることになりました。

※ レジスタンスやサポートに付けている番号は識別のためのもので、数字は特に意味はありません。

レジスタンスL2とL3はともに、青枠で囲った反発上昇を全否定することになった、売りの起点なので、強いレジスタンスです。

10.26イーサリアムの日足チャート(拡大)

ETH 10.26 1D2
同じ日足を少し拡大した図です。

今回の上昇でサポートL2というのが生まれました。サポートとしてはそれほど強くないです。

まだこれが破られる可能性はありますが、なんとか持ちこたえてます。

イーサリアムの8時間足チャート分析

ETH 10.26 8H
オレンジの2本線で描いたのはチャネルラインと呼ばれるもので、丸枠で少し下に抜けていますが、上限で弾き返される可能性があります。

※チャネルラインは2本のトレンドラインが平行線となっているもの。ボックス相場を傾けたと考えていいです。

ただし、この下向きのチャネルラインは上にブレイクしやすい形です。

イーサリアムの4時間足チャート

ETH 10.26 4H
緑色のレジスタンスは超えてきたので、当面の目標はレジスタンスL5とL6ですが、その手前にチャネルライン上限があります。

まずは黄色丸で示した辺りで一旦反発して下げるでしょう・・・
というブログ記事を書いていたら、いつの間にかこのチャネル上限まで価格がきていました。
ETH 10.26 4Hb
いまちょうどチャネル上限です。

イーサリアムの1時間足チャート

ETH 10.26 1Hc
1時間足です。

まず出来上がったサポートLから解説。

サポL3は、もみ合いをブレイクした起点なので、強いサポートです。ただ、この時は日足の終値では上ヒゲとなって、終値ベースではもみ合い上限を抜いてません。

終値で完全に抜いた起点がサポL4です。こちらも強いサポートです。

◆緑線とピンク線はサポート候補ですが、どちらもそれほど強いサポートではありません。

緑線はレジサポ転換(レジスタンスがサポートに変わる)を期待したサポート候補。ピンク線は相場の上昇勢いが強い場合に作用するサポートです。

 

イーサリアム通貨の今後の予想

ETH 10.26 1Hd
パターン①:ピンク線で反発する。
もしピンク線で強い反発上昇があれば、チャネル上限との間で三角レンジを形成し、そこで推移していくでしょう。

この場合は、上にブレイクする確率の方が高いですが、下にブレイクしたとしてもまだ下にはサポートがいくつかあるので、すぐに大きく下落することはないです。

パターン②:ピンク線が破られる。
ピンク線が一気にしろ、もみ合いにしろ、下抜けた場合は次は緑線での反応をみます。

緑線も下抜けたとしても、サポL4があります。

しかし、このサポL4をすんなり下抜けることがあれば、今回のもい合いブレイクは帳消しになってしまい、買い方はまた一から出直しです。

逆に売り方は勢いを増すことになりますから、サポL3での反発上昇はあまり期待できないでしょう。

 

まとめ

ETH 10.26 4H
現状:ボックスレンジの上限を上抜けてきて、今はチャネル上限に当たってます。

このチャネル上限をすんなり上抜けば、次は4時間足でわかるレジL5やL6がレジスタンスになりますが、これらはそこまで強くないです。

ETH 10.26 8H
その上にあるレジL2とL3は強力なレジスタンスです。

しかしそこまで上昇する前に、週足で引ける下降トレンドラインがレジスタンスとなる。

これはもっと強力なので、チャネル上限を上抜けたあとの実質的な次の目標は下降トレンドLということになります。

下降トレンドLを上抜けたあとにレジL2とL3が目標となります。

◆以上で現時点でのチャート分析を終わります。
ビットコインに関しては明日書く予定。

重要な動きがでたら、またチャート解説記事を書きます。リアルタイムな解説なので、見逃さないためにもブックマークしておいてください。

みなさんの参考になれば幸いです。
共に頑張りましょう。

* * *

【無料】チャート分析を勉強したい方はこちらで勉強できます。

◆トレードに必要なのは技術だけではありません。メンタル、マインドについても実体験をもとに書いてます。

* * *

仮想通貨を独学で学びたい人はこちらの記事をどうぞ