Beablog 仮想通貨とトレードテクニックを初心者のために解説しているブログ

FTX破綻の影響でソラナ(SOL)は68%の下落。ソラナは死んだのか?

クリプト全般 仮想通貨

今日は海外のクリプト系メルマガのBankless(バンクレス)の記事を紹介します。

メルマガは英語なので、それを翻訳して書きますが、わかりやすいように文章を多少変えます。

原文が読みたい方はこちらをどうぞ。
≫ Is Solana Dead?

これを書いている私は、資産の大半を仮想通貨にして実際に運用中。そしてFTXJPに資金を預けていて、今回のFTX破綻に巻き込まれてます。資産は他のところにも預けているので、かなりアンテナを張っている最中です。

 

FTX破綻の影響でソラナ(SOL)は68%の下落。ソラナは死んだのか?

FTX破綻の影響でソラナ(SOL)は68%の下落。ソラナは死んだのか?

 

親愛なる銀行のない国へ

11 月は仮想通貨にとって厳しい月でした。
FTX と Alameda問題で大きな打撃を受けたコミュニティがあります。

Solana エコシステムもその一つで、これを襲った困難な時期について掘り下げ、ネットワークがどのように苦戦しているのか、コミュニティがどこで回復力を示しているのかを掘り下げます。

どうなる?ソラナ(SOL)

FTX と Alameda Research の破綻は、貸し手、取引所、ファンドが破綻するなど、仮想通貨全体に大混乱をもたらしました。破綻は市場にも波及し、仮想通貨の総時価総額は 11 月 6 日 (FTX の実行が始まった日) の 1.0 兆ドルから 14% 減少し、現在は約 8,600 億ドルになっています。

多くの個々のトークンはさらに下落しており、ソラナを含むアラメダ リサーチが保有するトークンは特に大きな打撃を受けています。現在悪名高い取引会社の貸借対照表に関するCoinDeskのレポートによると、アラメダは6月30日に約12億ドルのSOLトークンを保有していました。

最近の下落のどの程度がアラメダ自体またはトレーダー間の恐怖によって引き起こされたのかは不明ですが、SOL は FTX/アラメダ破綻後の数週間で 35 ドルから 11 ドル (68.5%) まで急落しました。

2021 年の強気相場で最高のパフォーマンスを示したトークンの 1 つとなった後、SOL は現在、史上最高値を 95% 近く下回っています。この規模のクラッシュは、最も熱心な支持者の信頼を揺るがすだけでなく、DeFiエコシステムとネットワーク全体のセキュリティに重大なリスクをもたらす可能性があります.

これは疑問を投げかけます…ソラナは死んでいますか?回復しますか?

クラッシュの余波を調べて、その質問に答えることができるかどうかを確認するために、Solana の将来を先取りしましょう。

ネットワークのセキュリティと安定性

L1 のネイティブ トークンが 72 時間で 60% 低下するということは、膨大なストレス テストです。

その規模のクラッシュは、大量清算によってチェーンの DeFi エコシステムにリスクをもたらすだけでなく、貸出プロトコルに不良債権をもたらす可能性あり、停止の可能性を高めることで安定性とセキュリティのリスクももたらします (Solana が苦労している問題)。これまでと同様)、ネットワーク レベルの攻撃のコストを削減します。

大量のアンステーク

Solana は、FTX の崩壊に続くエポックで大量のステーク流出を経験しました。

11 月 6 日以降の 9 つのエポック (通常は 2 ~ 3 日続く) で正味 54.6M(百万単位) SOL がアンステークされ、ステークされた SOL の合計量は 411.2M から 356.6M に 13.2% 減少しました。これは、SOLの流通量の約15%に相当します。

※アンステークとは、ステーキングで預けられた資金が解約されて引き出し可能なこと

このうち、11 月 7 日から 10 日の間の危機の最盛期にまたがるエポック 370 の間に、なんと 2910 万 (純合計の 53%) がステーク解除されました。

当然のことながら、ネットワークを保護するステークのドル価値はさらに大幅に低下しています。エポック 370 の開始時とエポック 378 の終わりの価格を考慮すると、ネットワークを保護する SOL の価値は 147 億ドルから 51 億ドルに 65.3% 急落しました。

これらの流出にもかかわらず、Solana はセキュリティ上の問題や重大な攻撃を受けませんでした。このステークの流出後も、L1 はドル建てのステークで 4 番目に大きく、19 番目に高いステーク率を持っています。

◆極端な市況は、ネットワークのセキュリティと安定性の両方に影響を与えます。
Solana は、これらの急増に対処するのに苦労していることで有名であり、パフォーマンスの低下や停止を何度も経験しています。

2021 年 9 月以降、ネットワークは 4 回完全に停止し、合計 37 時間 11 分のダウンタイムが発生しました。

ですが今回はSolana コミュニティは、ステーク加重サービス品質 (QoS) やメインネットでの QUIC ライブなどのアップグレードを使用して、ライブ性を向上させるための出荷の救済策に取り組んできた成果が出たようで、危機全体を通じてダウンタイムやパフォーマンスの低下を経験していません。

今回の危機の規模や過去に停止したことを考えると、この時期の Solana のパフォーマンスは注目に値し、ネットワークの回復力が高まっていることを示す有望な兆候です。

手数料市場や取引サイズの増加などその他の改善点は、今後数か月にわたってアップグレードされる予定です。

フォールアウト: ソラナ DeFi

Solana は、FTX破綻後の主要な流動性クランチを経験しました。

※流動性クランチとは?
銀行など金融機関が貸し出しを抑制することによって資金が不足し、市場の流動性が失われる状況を指します。

情報元:大和証券 金融・証券用語解説

 

sorana1
Solana DeFi TVL (米ドル) – 出典: Artemis

ネットワークの米ドル建て DeFi TVL は、11 月 6 日の 10 億ドルから 72.1% 減少して 2 億 7,830万ドルになりました。ですが、TVL の減少は、ユーザーが SolFi から資金を引き出していることを必ずしも示唆しているわけではありません。

sorana2
Solana DeFi TVL – 出典: Artemis

ただし、SOL 建ての TVL は別の話で、 DeFiの資産は11 月 6 日以降 27.2M(百万単位) から 19.7M に 27.5%に 減少しています。。

Solana でのステーブルコインの供給も、ここ数週間で大幅に縮小しました。

sorana3
Solana Stablecoin 循環供給 – 出典: Artemis

ネットワークのステーブルコインの時価総額は、11 月 6 日以降、39 億ドルから 21 億ドルに 46.1% 縮小しました。この減少の大部分は、Tether からの「チェーンスワップ」によって引き起こされており、USDT 発行者は 11 月 18 日に Solana から Ethereum に 10 億ドルの供給を移行しました。この取引は、危機以降のステーブルコインの流出総額の 55.5% にあたります。

FTX破綻の波及

多くの DeFi プロトコルは、FTX をきっかけに深刻な被害を受けており、Alameda と密接に関係するプロジェクトが最も大きな打撃を受けました。

Solana DeFi コミュニティはまた、TVL で 150 万ドルを集めた Serum フォークである OpenBook を展開しました。フォークが生き残るかどうかはまだわかりませんが、親プロトコルよりもリスクの低い流動性の場所として、当面の間、血清ベースのプロジェクトにその場しのぎの解決策を提示する可能性があります。

関連ツイート

ダウンだがアウトではない

SOL の価格は、SBF の悪名高いツイートの 3 ドルの数字に数週間前よりもはるかに近づいていますが、ネットワークとしての Solana の回復力は非常に高く、極端なボラティリティ イベント中のダウンタイムやパフォーマンスの低下はありません。チェーンはまた、これまでのところ、ステークのかなりの部分がオフラインになることに耐えてきました。

しかし、Solana の今後の見通しが明るいというわけではありません。

Solana DeFi は、FTX や Alameda と密接に関係している Serum のようなプロジェクトで、大きな流動性流出を見て、重大な打撃に耐えてきました。

また、多くの人がネットワークの重要な同盟国と見なしていた FTX の悪臭をブロックチェーンが取り除くには時間がかかります。さらに、連邦破産法第 11 章を申請した Alameda が現在どのくらいの SOL を保有しているかは不明です。彼らは、手続き中に帳簿に残っているものはすべて確実に清算します。

Solana の技術レベルでの長期的な競争力に関する懸念も残っています。これまで 95% 以上のドローダウンを経験したことがないかもしれない開発者やコミュニティ メンバーが、今後数か月から数年にわたって存続するかどうかは疑問に思う価値があります。

そうは言っても、クリプト ネイティブは、Solana が単なる SBF ペット プロジェクト以上のものであることを知っており、弱気相場の間でも使用量が安定しているのを目の当たりにしています。

SOL 建ての NFT ボリュームは前月比で 102% 増加してます。

長期的には、FTX と Alameda コンプレックスの損失は足し算と引き算になる可能性があります。これは、エコシステムが略奪的なビジネス慣行やトークン設計の気まぐれの影響を受けないためです。その結果、Solana はより分散化された公平な場所になる可能性があります。

そう。ソラナの調子が悪い。それに異論はない。しかし、その死の報告は、これまで非常に誇張されてきました。

まとめ:
今日の記事は初心者には難しかったと思います。
なので、最後に私の要約を書きます。

・FTX破綻で仮想通貨業界全体では、時価総額が11月6日の1兆ドルから8,600億ドルの14%減少。

・ソラナトークン(SOL)は72時間で68.5%急落しました。

・ソラナネットワークのステーブルコインの時価総額は11月6日の39億ドルから21億ドルの46%縮小した。

・さらにステーキングされていたSOLは11月6日以降、大量のステーク解除(アンステーク)された。その量は4億1千百万SOLから3億5千6百万SOLへと13%減少。

・特にアラメダリサーチが保有するトークンは影響が大きい。

・アラメダリサーチが保有するSOLは12億ドル。これが破産手続きで清算されることはほぼ確実。この事実がSOLの売り圧力になっている。

・しかし、これだけの急落だったにもかかわらず、過去に何度もネットワーク停止していたソラナネットワークは、今回ダウンタイムやパフォーマンスの低下はありませんでした。このことは、アップグレードが成功していることを物語る。

・ソラナの問題は他にもあり、それは技術開発者やコミュニティメンバーが、95%以上のドローダウンを受けたSOLを見限らずに、今後も存続するかどうかという問題。

・ただ、こんな中でもSOL建てのNFTボリュームは前月比で 102% 増加してます。

結論:ソラナは調子は悪いが死んではいない。

* * *

仮想通貨の基礎学習がしたい人はこちらの記事をどうぞ

* * *

【無料】チャート分析を勉強したい方はこちらで勉強できます。

◆トレードに必要なのは技術だけではありません。メンタルについても実体験をもとに書いてます。