Beablog 仮想通貨とトレードテクニックのブログ

【大暴落】急落した仮想通貨ビットコインのチャート分析【今後の予測】

Chart analysis Technical

この記事はこんな人向けです。

「ビットコインの買いのタイミングを知りたい人。買ったけど含み損が出ている人。チャート分析を学びたい人」

これは昨日のツイート

この時点では、まだ振り出しに戻った程度だったが、そこからさらに下落して完全に下降トレンドに逆戻り。

この記事では今後の重要なポイントを解説していきます。

これを書いてる私は、株と為替FXを足してトレード歴15年。あのライブドアショックやリーマンショックも経験し、共に無傷で生き残っています。

 

【大暴落】急落した仮想通貨ビットコインのチャート分析

【大暴落】急落した仮想通貨ビットコインのチャート分析
◆チャート分析&解説の前にこちらに目を通しておいてください。

トレード用語解説:
・トレンドL(ライン)とは相場が上下のどちらに向かっているのかを示す線。
・サポートL(ライン)とは支持線という意味で、下落を阻む買いが生じやすいポイントという意味。
・レジスタンスL(ライン)とは抵抗線という意味で、上昇を阻む売りが生じやすいポイントという意味。

※ レジスタンスやサポートに付けている番号は識別のためのもので、数字は特に意味はありません。

 

11/4のチャート分析から一部抜粋

ビットコインの4時間足チャート

BTC 11.04 4H
4時間足だと少しトレンドラインを上抜けているのが確認できます。

ではここでやっとツイートの内容説明になります。
上抜けるだけでなく、次のアクションとはなにか?

図に示しました。
BTC 11.04 4H2
レジスタンスL1で解説した「レジサポ転換」です。

それまでレジスタンスとして機能していたラインが今度はサポートとして機能すれば、本物の上昇が期待できます。(相場に絶対はないので、確立が高くなるという意味)

青丸のような動きが今後出てくれば、これから上昇のサインだとみてとれます。

下値で拾って買う準備をする時です。

この時の記事はこちら。
≫【今後の予想】仮想通貨ビットコインが重要ポイントにきました【チャート分析】

◆残念ながらFTX問題でチャートなど関係なしに急落していきました。

では、改めてチャート分析をし直してみます。

11/10ビットコインの週足チャート(対円)

BTC 11.09 1w
結果的に週足の下降トレンドLは効いたままになってます。

ビットコインの日足チャート(対円)

BTC 11.09 1d
6月に付けた安値も割り、ずっともみ合っていたボックスレンジ下限も割ってしまいました。

ビットコインの日足チャート拡大

BTC 11.09 1d2
図のように7月からもみ合っていたレンジ下限を昨日に一気に割ってます。

ビットコインの8時間足チャート

BTC 11.09 8h
落ちるスピードが速すぎて
ほとんど節も作らずに落ちていってます。

そんな中、新たに強いレジスタンスLが生れました。
これは出来高も伴っているので、かなり強力だと思います。

ビットコインの4時間足チャート

BTC 11.09 4h
4時間足で見てみると、6月の安値を割った起点にもう一つレジスタンスLが生れてます。

これは、その上のレジスタンスLとほぼ同じ出来高を伴っているので、こちらも強そうです。

ビットコインの1時間足チャート

BTC 11.09 1h
1時間足でようやく節らしいものが判別できます。

まずはこのレジスタンスL1を上抜けるのが目標となりそうです。

 

ビットコイン通貨の今後の予想

BTC 11.09 1h
レジスタンスL1を上抜けるのが第一関門で、その次が週足下降トレンドLです。

それからレジスタンスL2があり、これを上抜ければやっと今回の下落はいったん終了となります。

BTC 11.09 8h
この図のレジスタンスLを超えるまでは、何度でも跳ね返されるでしょう。

まだまだ仮想通貨の冬は続きそうです。
今回の大暴落は一つのツイートから始まりました。そのツイートのせいで、どれだけ大勢の人が犠牲になったことか。

私も無傷ではありませんでした。

今回の大暴落についての解説はこちら
≫ 【仮想通貨が急落】今回の危険な大暴落が起きた理由を解説します【緊急】

重要な動きがでたら、またチャート解説記事を書きます。(リアルタイム解説なので、お見逃しなく)

みなさんの参考になれば幸いです。
共に頑張りましょう。

* * *

【無料】チャート分析を勉強したい方はこちらで勉強できます。

◆トレードに必要なのは技術だけではありません。メンタル、マインドについても実体験をもとに書いてます。

* * *

仮想通貨を独学で学びたい人はこちらの記事をどうぞ