暗号資産×FX×AIナビ 暗号資産 ・FX・AI情報を初心者向けに発信しています。 Written by Bea
・当サイトにはプロモーションが含まれています。

【あと9日】ビットコイン半減期後はいくらまで上がる?過去チャートから予測

初心者向け 暗号資産(仮想通貨)

ビットコインの半減期まであと10日を切り、市場の注目が高まっています。過去3回の半減期後には、ビットコインの価格が高騰した実績があります。

今回の半減期後についても、過去のチャートから価格上昇の兆候がうかがえます。2012年と2016年の半減期後には、ビットコインの価格がそれぞれ約100倍、10倍近くまで上昇しています。

過去データから判断すると、今回の半減期後も少なくとも価格上昇が予想される。1BTC当たりどれだけの上昇が見込めそうか?

以下、過去のチャートデータから予測してみようと思います。

※あくまでも私見による予測で、価格上昇を保証するものではありません。暗号資産(仮想通貨)売買は個人の自己責任において行ってください。

なお、ビットコインはなぜ半減期に上昇するのか?これについてはこちらで書いていますので、知りたい人は参照してください。≫ ビットコインの半減期について

これを書いている私は、クリプトの可能性を感じて暗号資産(仮想通貨)の運用を開始。NFTも3つのマーケットプレイスで販売中です。

ビットコイン半減期後はいくらまで上がる? 

ビットコイン半減期後はいくらまで上がる2

* * *

過去のチャートデータから予測 

1回目の半減期 

1回目の半減期

左赤枠が半減期です。
2012年11月18日1,030円。
そのほぼ1年後の2013年11月25日につけた高値が101,300円。

約98倍に上昇。

 2回目の半減期

2回目の半減期 
2016年07月09日70,000円。
そのほぼ1年後の2017年07月10日につけた高値が211,800円。約3倍。

その5ヶ月後にさらに上昇して2017年12月11日に2,227,000円。約31倍。
※今回は期間ではなく値幅予測なので、12月のデータを使います。

 3回目の半減期

3回目の半減期

2020年05月11日1,049,800円。
そのほぼ1年後の2021年04月05日につけた高値が6,543,700円。約6倍。

◆上記3回の半減期をみると、だいたい半減期から1年後以降に最高値をつけていることがわかります。

値幅予測 

価格上昇は下記のような曲線を描くのが普通です。
上昇グラフ
つまり、最初の方ほど上昇率が高くて、時間と共に上昇率は低下していきます。

過去の半減期後の上昇率は下記の通り(小数点以下切り捨て)

  • 1回目98倍 
  • 2回目31倍
  • 3回目6倍

このことから、次の4回目は6倍より低い数値になります。

次に各半減期の上昇率の差を出してみます。

1回目と2回目の上昇率の低下率は1/3.16
2回目と3回目の低下率は1/5.16

ややこしく感じる人もいると思うので、細かいことは省きます。
上記から4回目の半減期後の上昇率は6×1/5.16以下になると予想される。
これを計算すると、1.16倍

例えば半減期の価格が1,000万円だったら、1,160万円以下となる。
え?ほとんど変わらないじゃん!

ですです。
つまりここから導き出される本当の意味は、これまでのパターンが当てはまらない可能性が高いということです。

このことは、他の人も指摘しています。


要約:ビットコイン現物ETF承認は長期的にみればプラスだけど、短期的にはその影響力は予測不可能。半減期前がいままでと違う動きをしているので、半減期後もいままでと違うパターンで動く可能性がある。

ここから完全な私見による推測(根拠なし)

おそらくですが、いままで約1年後に最高値を付けていた周期も2回目の半減期後のようにズレる可能性が高い。
つまり2025年秋以降に高値をつける。

価格はそれまでに2倍になるとは考えにくいので、(長期的にはありえるけども短期的には難しいと考える)上昇率は1.5倍前後の数値が妥当のような気がします。

ものすごい強気な予測を立てている海外の有識者もいますが、根拠はありません。たぶん、よくて2倍ではないでしょうか。

とはいえ、2年以内で16%前後のリターンはものすごい数値です。
いまのゆうちょ銀行に3年以上の定期預金(利率0.15%)に100年間100万円をあずけても16万円(16% 税抜きで複利計算)のリターンしか得られませんから、2年以内で16%以上が見込めるのはすごいリターンだとおわかりでしょう。(※もちろん絶対ではありません。下げる可能性もありますし、元本保証はありません。)

煽りなしの真面目な予測でガッカリした人もいるかもしれませんが、このブログは正直をモットーにしています。

強烈で過激なことを謳っているサイトや人には要注意!特に最近はSNS経由で詐欺に巻き込まれるパターンが多いので、お気をつけあそばせ (´・ω・)

ビットコイン半減期まであと9日

◆まだビットコインもイーサリアムも購入していない方は、いつでもすぐに買えるように口座開設と日本円入金までしておくといいです。

いまからでもまだ間に合います。本格的な上昇はまだこれから。そして今回の上昇は、いままでの上昇とは質が違います。

ビットコインをまだ買っていなくて、取引所に口座開設もしていない方は、コインチェックが簡単操作でおすすめです。

コインチェック

コインチェックの口座開設方法は下記で画像と動画付きで解説してます。
≫ 暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェックとは?口座開設のやり方【初心者向け】
※最初の口座開設はコインチェックがおすすめ。
免責事項
・当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもあります。
・当サイトでは投資判断の参考のための情報提供を行っていますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。
・当サイトおよび動画内の内容は私見であり、トレードを推奨するものではありません。トレードの最終判断は、ご自身で行っていただくようお願いします。
・当サイトでのリンク先で生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

記事が参考になったら、こちらの応援クリックをお願いします。その他暗号資産(仮想通貨)情報も見れます。
にほんブログ村 投資ブログ 暗号資産(仮想通貨)へ
≫ にほんブログ村
≫ 人気ブログランキング

 

未経験者・初心者でも安心して使える暗号資産(仮想通貨)取引所5選

 

実際の暗号資産(仮想通貨)は持ちたくないという方はこちらがおすすめ



みんなのコインはFXでは老舗の取引所である、みんなのFXが運用しています。
当然、FXでは私も使っていました。

利点は一つのアカウントで、暗号資産(仮想通貨)もFXも取引できるというところ

そのFXでは日本で最初にFX取引をオンラインで提供。FX培った取引ツールの利便性がそのまま暗号資産(仮想通貨)取引でも活用されてる。

【注意】
実際に暗号資産(仮想通貨)を持つわけではありませんので、買った暗号資産(仮想通貨)を他へ移すことはできません。

その代わり、暗号資産(仮想通貨)流出という危険はゼロ。そして自己資金の2倍までトレードすることができます。例えば10万円を自己口座に入れた場合、20万円分の暗号資産(仮想通貨)を購入することができます。さまざまな手数料もゼロ(日本円の入出金も)。

扱っている通貨が少ないですが、ビットコインやイーサリアムの上昇に乗じて利益を上げたいという人には向いているでしょう。

詳しくは公式サイトをごらんください。
≫ みんなのコイン公式サイト

いろんな暗号資産(仮想通貨)の現物取引をしたい方はこちらがおすすめ



上の2つとはまた違う特色の取引所で、実際の暗号資産(仮想通貨)が保有できる現物取引が26銘柄に対応(日本の取引所では上位の数値)。そして100円から手軽に暗号資産(仮想通貨)投資が始められます。

個人的には遊んで稼げるNFTゲームや歩くだけで稼げるNFTアプリでよく使われるソラナ(SOL)という暗号資産(仮想通貨)を取り扱っている点が気に入っています。

ソラナは時価総額で第5位に入っている有名な暗号資産(仮想通貨)ですが、なぜか日本では取り扱っている取引所があまりありません。

あとこの取引所も一つのアカウントでFX取引もできます。
上記した取引所3つはそれぞれ特色が違うので、実際に口座開設をしたうえで、使い勝手を比べてから自分に合った取引所を決めるというのが一番いいかもしれません。

口座開設は無料で10分くらいですし、日本円の入出金手数料もみんなのコインとGMOコインではかかりませんから、実際にトレードしてみて
判断するといいでしょう。

≫ GMOコイン公式サイト

重要な動きや急な動きがあったら、チャート解説記事を書きます。(リアルタイム解説なので、お見逃しなく)

みなさんの参考になれば幸いです。
共に頑張りましょう。

☟ 記事が参考になったら、こちら応援クリックもお願いします。その他暗号資産(仮想通貨)情報も見れます。
にほんブログ村 投資ブログ 暗号資産(仮想通貨)へ
≫ にほんブログ村

* * *

自分の未来のために時間を投資しよう

低価格で買える将来性のあるおすすめ暗号資産(仮想通貨)10選

暗号資産(仮想通貨)の基礎学習を独学したい方はこちらの記事からできます。

【無料】チャート分析を独学したい方はこちらで勉強できます。

トレードに必要なのは技術だけではありません。メンタルについても実体験をもとに書いてます。