Beablog 仮想通貨とトレードテクニックのブログ

トレードで勝てない理由はマインドの問題だった【1日で変化した体験談】

Mind

トレードで勝てない理由を知りたい人「1年間トレードの勉強をして、期待値プラスの売買ルールを作り、そのルール通りに実行しているのにまだ勝てない・・・なんで勝てないか理由が知りたい。」

こんな悩みに答えます。

✓今回の記事内容
  • トレードで負ける原因はなに?            
  • 原因が見当たらない人はマインドが原因かも?        

これを書いてる私は、株と為替FXを足してトレード歴15年。あのライブドアショックやリーマンショックも経験し、どちらも無傷で生き残ってます。

※ この話は、トレードに限らず他のどんなことにも応用可能なので、数回読むとあなたが今現在ぶち当たっている壁を乗り越えるヒントが得られるかもしれません。

◆ トレードで勝てない理由はマインドの問題かもしれない

トレードで勝てない理由はマインドの問題かもしれない
勝てない理由は沢山あるけど、ここでは次のことが出来ている前提の話です。

  • トレードの勉強を半年以上続けている
  • 期待値プラスの売買ルールを持っている
  • トレードルール通りに実行している
  • ルール以外のエントリーをしていない

上記のことができていないなら、勝てない理由は上記の中にあります。

つまり

  • トレードの勉強をしていない
  • 期待値プラスの売買ルールを持っていない
  • トレードルール通りに実行していない
  • ルール以外のエントリーをしている

この中のどれかが、勝てない理由です。

そもそもトレードの勉強もしていない場合は論外なので、下記の記事で勉強しましょう。

トレードの勉強を始めるなら、こちらの記事を読むと時間対効果が上がります。


FXも仮想通貨も株もチャート・テクニカル分析方法は同じです。

◆こちらの記事には、勝てるトレーダーになるためのロードマップが示してあります。
どこにも書いていない稼ぐトレーダーになるための10ステップを無料公開している。

公開してる間にどうぞ。【有料級記事】

勉強せずに楽して勝てるようになりたい?
そんなあなたは詐欺に引っかかる可能性が高いので気をつけてください (‘ω’)ノ

◆ マインドを変えたら翌日から勝てるようになった話【実話】

マインドを変えたら次の日から勝てるようになった話【実話】
ここからは私の体験談をお話しします。ウソみたいなホントの話です。

まだ株をしていた頃の話。
株を始めてから半年経った頃に、オンラインでトレードを教える有料塾に入塾しました。そして半年間くらいみっちりトレードの勉強をし、トレードに必要なもののほとんどを学びました。

※ 学んで知っていることと、知っていることを実行できることは全く違う

期待値プラスの売買ルールも作り、いざ実践トレード再開です!
しかし相変わらず勝てません。

「トレードはトータルでプラスになればいいゲーム」だということを理解していたので、特に落ち込みとか焦りもなく、淡々とトレードを続けてました。

1か月が経ち、2ヶ月が経ち、トータルは共にマイナス。
3カ月目も10日経った時点でマイナス。しかも連敗続き・・・。

心の声
トレードはトータルでプラスになればいい。
が、しかし、負けすぎてないか?
1か月間の収支でマイナスになるような売買ルールじゃないはず?

なぜ?こんなにも勝てない?
なぜ負ける・・・・・?

こう思った時に、ふと自分の心を俯瞰(ふかん)できる瞬間がありました。
それは、負けるのが当たり前と思っている自分がいたのです。

重要なのでもう一度
「負けるのが当たり前と思っている自分がいたのです。」

◇ 負けるのが当たり前と思っている自分

ちょっとわかりにくいかもしれないので、この部分を解説します。

トレードは一つ一つは勝ったり負けたりするのが当たり前。
だけどトータルでプラスに持っていくのが売買ルールの役目。

なので、一つ一つのトレードが負けることは普通にある。
この「一つ一つのトレードが負ける」ことを受け入れたら、いつの間にか「負けて当たり前」という考えに繋がっていた。

これの何が問題か?

当時の心の状態を客観視すると
「負けて当たり前」という考えだったから、なにがなんでも勝ってやる!勝ちたい!という「勝」に対する思いが薄れていた。

そして、「一つ一つのトレード」という部分がいつのまにか「トレード」にすり替わっていて、「トレードに負けることが当たり前」に思っていた。

◇ 勝てるようになったきっかけは、たった一つの行動

「トレードに負けることが当たり前」になっていた自分に気づいた時、無意識にある行動をしました。

何をしたか?
売買記録を付けていたノート下半分の余白に
「今月中に勝てるトレーダーになる」と大きく文字を書いたのです。

それだけ?
そう、そうそれだけです。

※ 大事なのは知識で行動したのではなく、無意識で行動したという点。

その結果、次の日から連勝が始まりました。
それまでの連敗がウソのように、当たり前に勝てるようになりました。
もちろんその月のトータルでプラスで終えている。

翌月はさらに調子が良くなった。

付け加えておきますが、売買ルールは全く同じものを使ってます。なにも変えていないのに急に勝てるようになったのです。

※ 重要な点
これを真似て、ただ文字を書くだけでは恐らく効果はないと思います。

この時の重要な点

  • 検証した期待値プラスの売買ルールがあった
  • それなのに負けが続いた
  • なぜ、こんなにも負けが続くのか?疑問に思った
  • 負けるのが当たり前と思っていた

上記の前提があった上で

  • 無意識に「今月中に勝てるトレーダーになる」と書いた

このことが私の無意識領域に働きかけ、次の日から不思議なくらい勝てるようになったと思います。(文字を書かなくても「今月中に勝てるトレーダーになる」と強く心に思うだけでもよかったと思う)

重要なのは、期待値プラスの売買ルールがありながら、なぜこんなに負けるのか?という疑問を持ったという点。

脳は、質問や疑問を受けるとそれについて考えます。本人が忘れていても、考え続けて答えを出そうとします。もしくは、答えを作ります。

信じられないかもしれませんが、脳は現実と思いに矛盾が生じた時には、現実の方を思いに合わせるように変えてしまう能力があります。

にわかには信じられないでしょう。信じられなくて当然。それが普通です。(安心してください)

私がなぜこれを信じているかと言えば、小さい頃からこの現象を何十回も経験しているからです。
知識として知る前から経験として知っていました。

「思考は現実化する」(ナポレオン・ヒル著書)という有名な本を読んだ時に、やっぱりそうなんだと納得しました。

今ある自己啓発本の元祖のような本です。
有象無象の自己啓発本を10冊読むくらいなら、この一冊を10回読んだ方がいいです。私のように経験がある者からすれば、ここに書いてあることは本当です。

トレードの勉強を始めるなら

一番最初に読んだ方がいい記事