暗号資産×FX×AIナビ 暗号資産 ・FX・AI情報を初心者向けに発信しています。 Written by Bea
・当サイトにはプロモーションが含まれています。

【半減期まであと7日】ビットコインがブレイクアウトしそうなチャートになった

チャート分析 暗号資産(仮想通貨)

ビットコインが半減期を前にもみ合っていますが、このチャートの形は上昇フラッグと呼ばれるもので、下値を切り上げながら上値を押さえられているパターン。これは上値をブレイクアウト(上抜け)したら、上昇していくパターンです。

絵に描いたような、チャートの教科書に出てきそうな形なので、緊急にブログを書きます。

これを書いてる私は、株と為替FXを足してトレード歴15年。あのライブドアショックやリーマンショックも経験し、共に無傷で生き残っています。 

ビットコインが三角レンジを形成。

【半減期まであと7日】ビットコインがブレイクアウトしそうなチャートになった
ビットコインのドル建てチャート 日足

上記は日足チャートです。
ご覧の通り、きれいな三角レンジを形成してます。

しかも下値はきれいに切り上がって、上がほぼ平らな形なので、上昇フラッグと呼ばれる形になってます。
この上値を越えれば上昇しやすい形といわれてます。

半減期まであと7日でこの形は、誰かが仕組んでいるとしか思えないくらいピッタリのタイミングですね。
半減期後に一気にブレイクアウトする可能性も出てきました。

ビットコインのドル建てチャート 4時間足

ビットコインのドル建てチャート 4時間足
これは4時間足チャート。

特に強いレジスタンスもサポートも見当たらないので、もう少し小さい時間軸を見てみます。

ビットコインのドル建てチャート 1時間足

ビットコインのドル建てチャート 1時間足
これは1時間足チャート。

狭い範囲では、71,300ドルと69,500ドルの間でもみ合ってます。

サポートはその下にサポL1 67,500があり、レジLは日足で確認できる73,800があります。

73,800ドルを越えてくると、一気に上昇加速する可能性もでてきました!そうなると、エントリーポイントを探すのは難しくなりそうです。
もちろん、ダマシで終わって下落する可能性もあります。相場は上がるか下がるか?50%50%ですから。

でも最低でもいつでも売買できるように、暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設と日本円入金は済ませておいた方がいいと思います。

トレード用語解説:
・トレンドL(ライン)とは相場が上下のどちらに向かっているのかを示す線。
・サポLとはサポートライン(支持線)という意味で、下落を阻む買いが生じやすいポイントという意味。
・レジLとはレジスタンスライン(抵抗線)という意味で、上昇を阻む売りが生じやすいポイントという意味。
・サポート・レジスタンスBOXとはある価格帯でサポート・レジスタンスされやすい範囲のこと。

もし上抜け失敗して直近安値を下回った時には、ブログを更新します。その時に重要サポートやレジスタンスを解説します。

リアムタイムでの情報なので、ブログをブックマークしておくことをお勧めします。

 

ビットコイン半減期まであと7日

◆まだビットコインもイーサリアムも購入していない方は、いつでもすぐに買えるように口座開設と日本円入金までしておくといいです。

いまからでもまだ間に合います。本格的な上昇はまだこれから。そして今回の上昇は、いままでの上昇とは質が違います。

ビットコインをまだ買っていなくて、取引所に口座開設もしていない方は、コインチェックが簡単操作でおすすめです。

コインチェック

コインチェックの口座開設方法は下記で画像と動画付きで解説してます。
≫ 暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェックとは?口座開設のやり方【初心者向け】
※最初の口座開設はコインチェックがおすすめ。
免責事項
・当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもあります。
・当サイトでは投資判断の参考のための情報提供を行っていますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。
・当サイトおよび動画内の内容は私見であり、トレードを推奨するものではありません。トレードの最終判断は、ご自身で行っていただくようお願いします。
・当サイトでのリンク先で生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

記事が参考になったら、こちらの応援クリックをお願いします。その他暗号資産(仮想通貨)情報も見れます。
にほんブログ村 投資ブログ 暗号資産(仮想通貨)へ
≫ にほんブログ村
≫ 人気ブログランキング

 

未経験者・初心者でも安心して使える暗号資産(仮想通貨)取引所5選

 

実際の暗号資産(仮想通貨)は持ちたくないという方はこちらがおすすめ



みんなのコインはFXでは老舗の取引所である、みんなのFXが運用しています。
当然、FXでは私も使っていました。

利点は一つのアカウントで、暗号資産(仮想通貨)もFXも取引できるというところ

そのFXでは日本で最初にFX取引をオンラインで提供。FX培った取引ツールの利便性がそのまま暗号資産(仮想通貨)取引でも活用されてる。

【注意】
実際に暗号資産(仮想通貨)を持つわけではありませんので、買った暗号資産(仮想通貨)を他へ移すことはできません。

その代わり、暗号資産(仮想通貨)流出という危険はゼロ。そして自己資金の2倍までトレードすることができます。例えば10万円を自己口座に入れた場合、20万円分の暗号資産(仮想通貨)を購入することができます。さまざまな手数料もゼロ(日本円の入出金も)。

扱っている通貨が少ないですが、ビットコインやイーサリアムの上昇に乗じて利益を上げたいという人には向いているでしょう。

詳しくは公式サイトをごらんください。
≫ みんなのコイン公式サイト

いろんな暗号資産(仮想通貨)の現物取引をしたい方はこちらがおすすめ



上の2つとはまた違う特色の取引所で、実際の暗号資産(仮想通貨)が保有できる現物取引が26銘柄に対応(日本の取引所では上位の数値)。そして100円から手軽に暗号資産(仮想通貨)投資が始められます。

個人的には遊んで稼げるNFTゲームや歩くだけで稼げるNFTアプリでよく使われるソラナ(SOL)という暗号資産(仮想通貨)を取り扱っている点が気に入っています。

ソラナは時価総額で第5位に入っている有名な暗号資産(仮想通貨)ですが、なぜか日本では取り扱っている取引所があまりありません。

あとこの取引所も一つのアカウントでFX取引もできます。
上記した取引所3つはそれぞれ特色が違うので、実際に口座開設をしたうえで、使い勝手を比べてから自分に合った取引所を決めるというのが一番いいかもしれません。

口座開設は無料で10分くらいですし、日本円の入出金手数料もみんなのコインとGMOコインではかかりませんから、実際にトレードしてみて
判断するといいでしょう。

≫ GMOコイン公式サイト

重要な動きや急な動きがあったら、チャート解説記事を書きます。(リアルタイム解説なので、お見逃しなく)

みなさんの参考になれば幸いです。
共に頑張りましょう。

☟ 記事が参考になったら、こちら応援クリックもお願いします。その他暗号資産(仮想通貨)情報も見れます。
にほんブログ村 投資ブログ 暗号資産(仮想通貨)へ
≫ にほんブログ村

* * *

自分の未来のために時間を投資しよう

低価格で買える将来性のあるおすすめ暗号資産(仮想通貨)10選

暗号資産(仮想通貨)の基礎学習を独学したい方はこちらの記事からできます。

【無料】チャート分析を独学したい方はこちらで勉強できます。

トレードに必要なのは技術だけではありません。メンタルについても実体験をもとに書いてます。