Beablog 仮想通貨とトレードテクニックのブログ

メタマスクにPolygon(MATIC)ネットワークを追加する一番簡単な方法【最新】

Token Wallet

メタマスクにPolygon(MATIC)ネットワークを追加したい人「メタマスクにPolygon(MATIC)ネットワークを追加したいけど、どうすればいいの?それをしないとMATICをメタマスクに入れることができない?誰かわかりやすく教えて。」

このような疑問に丁寧にお答えします。

✓今回の記事内容
  • MATIC(Polygon)とはなにか?
  • メタマスクにワンクリックでPolygon(MATIC)ネットワークを追加する

これを書いている私は、2つのマーケットプレイスでPolygon(ポリゴン)のNFTを販売してます。

仮想通貨MATICをメタマスクに入れるのに、以前はPolygon(MATIC)ネットワークをメタマスクに直接インポートしてから、イーサリアムをブリッジするというのが一般的でした。しかし今は、他にもっと安く済む方法ができたり、ワンクリックでネットワークをインポートすることができます。

この記事を最後まで見ながら作業すれば、ワンクリックでPolygonネットワークをインポートすることができます。さらに、MATICとPolygonについて理解が深まり、間違った手順を避けれるでしょう。

ーーー もくじ ーーー

メタマスクにPolygon(MATIC)ネットワークを追加する前に

メタマスクにPolygon(MATIC)ネットワークを追加する
「MATIC(Polygon)とはなにか?」
まず先に、このことをきちんと理解した方がいいです。
理由は2つ。
1つ目は、私はちゃんと理解していなかったせいで、より手数料がかかる方法を紹介したサイトを参考にしてしまい、最悪な手数料(ガス代8,000円)がかかってしまったから。

もう1つの理由は、理解していないと間違ってPolygon(ポリゴン)ネットワークにあるETHを仮想通貨取引所に送ってしまうから。(この場合お金は無くなります。 ※ 多くの人がこれをやらかしている。

では始めます。

MATIC(マティック)とはなにか?

1、MATICという言葉には、ネットワークという意味と仮想通貨名(トークン名)という意味の2種類がある。

2、MATIC(マティック)は途中からPolygon(ポリゴン)という名称に変わった。でもその後も両方の名前が通用した。

3、Polygonという名称に変わったあとも、仮想通貨名(トークン名)はMATICのまま。

上記のように、MATICが途中でPolygonに変わったせいで、わかりにくくなってます。

上記をまとめると、

  • Polygon=MATIC (ネットワーク名)
  • Polygonの仮想通貨名=MATIC (トークン名)

こうなります。

次にネットワークの意味の解説(これ重要

Polygon(MATIC)ネットワークとは?

ややこしいので、これ以降はPolygonと書いた場合はネットワーク名という意味。
MATICと書いた場合はトークン名という意味で統一します。

Polygonはイーサリアムブロックチェーンに接続することで可動する「レイヤー2」と呼ばれる「スケーリングソリューション」である。

わからない単語がたくさんでてきましたが、覚えなくていいです

※ 重要なのは、イーサリアムブロックチェーンを利用しているけど、イーサリアムネットワーク上で動いていなくて、独自のPolygonネットワーク上で動いているということ。

「Polygonは、イーサリアムの「スケーラビリティ問題(処理が増えすぎて、処理速度の延遅とガス代の高騰のこと)」を解決するために作られました。だから処理も早くて、ガス代も安い。

これついてより深く知りたい方は下記の記事が参考になります。
【基本】イーサリアムとは何か?ビットコインとの違いを簡単に解説

Polygonネットワークとイーサリアム・ネットワークの違いを例え話で解説【わかりやすい】

このネットワークを例えるなら、電車が走るレールと考えるとわかりやすいです。

例えば東京の新宿には
山手線、JR中央線、西武新宿線、地下鉄丸の内線、地下鉄大江戸線と、それぞれの駅がありますが、線路は繋がっていなくて歩いて乗り換えをしないといけません。

この「○○線」が「○○ネットワーク」だと思ってください。
そして「駅」にあたるのが「財布(または口座)」で、これをメタマスクに作る必要があるのです。

それぞれのネットワークは別の場所に作られているので「乗り換える」必要があり、このことを仮想通貨では「ブリッジ」といいます。
例えですが、これでおおよその概念が理解できたと思います。

なので、メタマスクにMATICを用意するための手順は

  • Polygonネットワークを作る
  • 仮想通貨をブリッジしてPolygonネットワークに入れる

ということになります。

ちなみに、駅から駅までの乗り換えルートは無数にありますよね?
最短ルートもあれば、○○店に寄っていくルート等々・・・。
同じようにブリッジするルートもいくつかあり、さらに仮想通貨を変換する方法も沢山あるので、MATICを準備する方法が沢山あるわけです。

メタマスクにPolygon(MATIC)ネットワークを追加する

メタマスクにPolygon(MATIC)ネットワークを追加する前に

方法は下記の2つ。

  • Polygonサイトから追加する
  • メタマスクに直接追加する

Polygonサイトからワンクリックで追加する方法

手順は

  1. Polygonに接続
  2. Polygonネットワークをインポート

Polygonに接続

Polygonにアクセス
» https://polygon.technology/

メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加01
①の「Use Polygon」にマウスをあわせる。
②の「Pos Wallet」をクリックすると別ページが開く。

メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加02
一番上のMetaMaskをクリック。
パスワードを入力してから「ロック解除」する。

メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加03
①:MetaMaskの接続するアカウントの選択がでる。
(※1 初心者の方は一つしかないはず。)
「次へ」をクリック

②:Polygonに接続許可
「接続」をクリック

③:「著名」をクリック

Crypto(クリプト)関連のサイトにアクセスする時はいつもこのような手順になります。
「アカウントの選択→接続承認→著名」覚えておきましょう。

※1 アカウントの増やし方はこちらの記事内の「MetaMask(メタマスク)のリスクと対策」に書いてあります。
【最新】MetaMask(メタマスク)とは? 使い方を丁寧に解説

接続の確認
メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加04
ブラウザーのメタマスクのアイコンをクリックすると、このように「接続」が確認できます。

Polygonネットワークをインポート

接続最後の著名が終われば下図のような画面に変わります。
メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加05
Aをクリックすると、自分のメタマスクのウォレットアドレスが表示されるので、確認してみてください。

さていよいよネットワークをインポートしますが、なんと!今はワンクリックで出来てしまいます。
左から2番目の「Polygon Bridge」をクリック。

メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加06
右上メタマスクのアイコン左横①「Switch ~」をクリック。

メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加07
左図のようにネットワーク追加の承認小窓が開きます。
Aをクリックすると右図のように出てくる。

緑枠に何やら注意表示が出てきますが、このあと手動で説明する表示と変わらないので、大丈夫です。

「承認」をクリック。

メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加08
ネットワーク変更許可の確認が出てくるので、左図にある右下の「ネットワーク切り替え」をクリック

追加されているか、確認してみましょう

メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加10
上図の右側はブラウザのメタマスクのアイコンをクリックした時の小窓画面。

①:メタマスクのアイコンをクリック
A:Polygonに自動で切り替わっている。そこをクリック
B:自動でPolygonネットワークが追加されている

これでPolygonネットワークの追加が終わりました。
いや〜便利です。

ちなみに今までやっていた手動での追加方法をこの後説明します。

メタマスクに直接追加する

ワンクリックで追加できるから必要ないけども、新しいネットワークを追加する必要性は他でもありますので、やり方だけでも覚えておいた方がいいです。

ネットワーク追加確認の時と同じ画面を出す。
メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加09
手順

ブラウザ上部のメタマスクのアイコンをクリック
①の「ネットワーク名」をクリック

一番下にある
「ネットワークの追加」をクリックすると下図のような画面になります。
メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加11

①ネットワーク名: Polygon 
②新規RPC URL: https://polygon-rpc.com
③チェーンID  : 137
④通貨記号 : MATIC
⑤ブロックエクスプローラーのURL: https://polygonscan.com/

各記入欄に上記をコピペしていきます。
ネットワーク名だけ任意の名前に変えられる。

メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加12
このように記入していきます。
今回すでに入れたPolygonネットワークとまったく同じため、緑枠のように注意表示が出てきて、下の「保存ボタン」が有効になりませんでした。

※ ネットワーク追加は全てこの手順になります。覚えておきましょう!

追加したネットワークの削除方法

ネットワーク確認の黒い小窓を出す。
メタマスクにMATIC(Polygon)ネットワークを追加13
Polygonにマウスを重ねると「×印」が出てくるので、これをクリック。
(この時AのようなチェックがPolygonに付いてる時は、×印は出てこないので、他のネットワークに切り替えてから行う)

次の小窓で「削除」をクリックすれば、ネットワークの削除は完了です。

ネットワーク追加が終われば次はMATICをメタマスクに用意する

こちらの記事でガス代10円以下になる方法を解説してます。
メタマスクにMATIC(Polygon仮想通貨)を準備する2つの方法【厳選】

まとめ:メタマスクにPolygon(MATIC)ネットワークを追加する一番簡単な方法

まとめ:メタマスクにPolygon(MATIC)ネットワークを追加する簡単な方法
今回の記事内容のまとめ

✓まとめ
  • メタマスクにPolygon(MATIC)ネットワークを追加する前にMATICを知る
      ・MATICはPolygonの前の名称であり、トークン名でもある
      ・Polygonはイーサリアムとは別のネットワークで動いている
  • メタマスクにPolygon(MATIC)ネットワークを追加する
      ・Polygonサイトからワンクリックでインポート
      ・昔からある手動でのインポート

いかがでしたか?
古い名前のMATICと新しい名前のPolygonが同時に使われているせいで、分かり辛いですよね。

ネットワークが違うということも認識しておかないと、私のようにイーサリアムネットワークでMATICに交換するというバカなことをしていまいます。

なぜバカなのか?イーサリアムネットワークのガス代が、一番高いからです!

MATICをメタマスクに入れる方法はこちらをご覧ください。
ガス代10円以下でできる方法を紹介してます!(私は8,000円かかった)
» メタマスクにMATIC(Polygon仮想通貨)を準備する2つの方法【厳選】

MATICを手に入れて何をしますか?

NFT作ってみたい方はこちらで詳しく解説してます

NFTをPolygonで売買してみたい方はこちらで詳しく解説してます