Beablog 仮想通貨とトレードテクニックのブログ

うまくいかない理由はマインドの問題かもしれない【心のブレーキを外す】

Mind

うまくいかない理由を知りたい人「1年間ずっとトレードの勉強をして、期待値プラスの売買ルールを作り、そのルール通りに実行しているのにまた連敗する・・・なんでいつもうまくいかないの?理由が知りたい。」

こんな疑問に答えます。

✓今回の記事内容
  • 上手くいかないのは心にブレーキがかかっているから  
  • 心のブレーキを外さないと、なにをやっても上手くいかない  

これを書いてる私は、株と為替FXを足してトレード歴15年。あのライブドアショックやリーマンショックも経験し、どちらも無傷で生き残ってます。

※ あなたは「心のブレーキ」という言葉を知ってますか?成功したい。お金持ちになりたい。そんな気持ちにブレーキをかけているのが、あなた自身の心なんです。

◆ うまくいかない(トレードで連敗する)理由はマインドの問題かもしれない

うまくいかない(トレードで連敗する)理由はマインドの問題かもしれない
以前に「勝てない理由はマインドの問題だった」という記事を書きましたが、これは実体験に基づいた記事で、たった一つの行動で翌日からウソのように勝てるようになりました。

実はこの話には続きがあり、
それまでの負けがウソのように勝てるようになってから数か月後、今度はウソのようなミスを連発するようになったんです。

例えば、「買いと売りを間違えてしまう」「買う枚数を一桁間違えてしまう」「手仕舞いしたつもりが新規エントリーしていた」・・・などなど。
それまでに一度もしたことのないようなミスの連発でした。

この時には、まだ私は「心のブレーキ」という存在を知らなかったので対処法がわからなかったんです。

◇ 心のブレーキとは?

心のブレーキとは?
心のブレーキがどんなものか知りたいですか?
おそらく、教えてもすぐには受け入れられないと思います。

あなたはお金が沢山欲しいと願っている。
しかし一方で、心の中ではお金を嫌っているんです。

どうですか?すんなり受け入れられますか?

「清貧」という言葉に美徳を置く日本人は、特にお金を嫌ったり、汚いものだと心の中で思っている人が多いです。

そのような状態でお金持ちに成るための行動をしても、アクセルを踏みながら同時にブレーキを踏んでいる状態なので、成功には近づけません。

◇ 自分の無意識を把握する

自分の無意識を把握する
そんなわけない、お金を嫌ってなんていない。あなたはそう言うでしょう。

では、次のことを想像してください

  • お金大好き!と言ってはばからない人をどう思いますか? 
  • YouTubeなどでお金をばらまいている人を見てどう思いますか?
  • もし大仏様が札束を握りしめて微笑んでいたらどう思いますか?

これらのことに、少しでも嫌な気分を感じたとしたら、それは間接的にお金に対して嫌な気分を無意識に植え付けていることになります。

あんな拝金主義になりたくない。あんな下品な金持ちになりたくない。
そういう思いは結局のところ、お金持ちになりたくない。という思いに繋がっているのです。

※ 人に対して抱いた感情でも、無意識はお金と繋げてしまいます。

無意識でお金持ちになりたくない。という思考があるとどうなるか?
ことごとく、お金持ちになるチャンスを潰すような行動を取り始めます。

意識下でどれだけお金持ちになりたいと望んだとしても、脳の働きの90%が無意識下で働くので、意識は無意識に勝てません。

前述した、私がそれまでしたことのないようなミスの連発は、この無意識下での働きによるものなのです。(いまなら説明できるけど、当時はわからなかった)

だからあなたが成功したい、お金持ちになりたい!と思うのならば、その為の勉強や行動を開始するとともに、「心のブレーキ」を外す必要があります。

そうしないと、あともう少しというところで上手くいかない事が起こったり、上手くいかない行動をしたりしてしまいます。

余談

私は信じられないミスの連発のせいで徐々にトレードが崩れていき、スランプに陥りました。そのスランプから脱出するきっかけになったのが、有名な「リーマンショック」の時です。私はあの時に多少利益を得て、少しずつ自信を取り戻していったのです。これについては暴落時の対処法として別記事で書きます。

いかがですか?信じられない人は無理をしなくてもいいです。(たぶんまだそれを学ぶ時ではないということでしょう)

信じる人は「心のブレーキ」の外し方を学んでおきましょう。
成功の法則などと同等に重要な要素です。

◆ こちらの本もお勧め

課題が時々あり、ただ読むだけでなく体験することによって体で覚えれる。

トレードの勉強を始めるなら、こちらの記事を読むと時間対効果が上がります。


※ FXも仮想通貨も株もチャート・テクニカル分析方法は同じです。