Beablog 仮想通貨とトレードテクニックのブログ

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは?BCHの特徴と今後の予測

Crypto Token

「ビットコインキャッシュってどんな仮想通貨なの?ビットコインとなにが違うの?似た名前でわかりにくい。」

このような疑問に答えます。
私も仮想通貨を始めたばかりのころに、取引所でビットコインと混乱した一人です。

本記事の内容
  • 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは        
  • ビットコインキャッシュの特徴        
  • ビットコインキャッシュ(BCH)の価格推移と今後の予測    

これを書いている私は、資産の大半を仮想通貨にして実際に運用中。NFTも3つのマーケットプレイスで販売しています。

 

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは
ビットコインキャッシュ(BCH)は2017年8月1日にビットコインのハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

※ハードフォークとは、1つの通貨が2つに分かれること。
ハードフォークの理由は様々ですが、改善や今後の方針についての意見の相違が原因であることが多いです。

この時ビットコインがハードフォークを行った理由は、スケーラビリティ問題に対する対処の仕方で意見が分かれたからです。

※スケーラビリティ問題とは、利用者増加による情報処理数の増大によって、処理速度の低下とガス代高騰という問題。

◆スケーラビリティ問題に対する対処方法で2つの意見に分かれました。

2つの対処方法

  • Segwit(セグウィット)派:データを圧縮して対応
  • Big Block(ビッグブロック)派:ブロックを増やして処理速度を向上させて対応

この対立で結果的にハードフォークを行って分裂したのです。

ビットコインキャッシュは Big Block(ビッグブロック)派で、ビットコインはSegwit(セグウィット)派。

その後ビットコインは数回ハードフォークを行っていますが、今でも安定して動いているのはビットコインとビットコインキャッシュの2つです。

 

ビットコインキャッシュとビットコインの違い

簡単に2つの違いを説明しておきます。

2つの違い

  • ブロックサイズの違い
  • 目的の違い

* * *

ブロックサイズの違い

ビットコインは取引を記録するために10分毎にブロック(1㎆容量)というものを1つ生成しますが、ビットコインキャッシュはこのブロック容量が32MBで、ビットコインの32倍です。

目的の違い

ビットコインはもともとは通貨の送金のために生れたものですが、時が経つにつれ、より高速&低コストの暗号資産が生まれたことにより、「デジタルゴールド」と呼ばれる資産価値の保存の方に向かってます。

ビットコインキャッシュは日常決済に利用できるように利便性を高めることを目的としています。そのため機能の面ではビットコインよりも格段に上ですが、価格は大きく差をつけられてます。

理由は定かではありませんが、やはり当初の名前を継続していることから、ビットコインが本家、本流という認識が高く、流通通貨というよりは資産という認識が優っているように思えます。

 

ビットコインキャッシュ(BCH))の概要

  • トークン名:ビットコインキャッシュ
  • シンボル :BCH
  • 総発行枚数:19,184,850枚
  • 価格   :$115.48 (約16,170円)(2022年9月時点)
  • 時価総額 :$2,215,338,101(2022年9月時点)
  • 時価総額ランキング:30位  (2022年9月時点)
  • WEBサイト :公式サイト
  • WP    :ホワイトペーパー (英語)
  • 価格推移  :ビットコインキャッシュのチャート

ビットコインが数百万円という価格に対して1/100以下の価格ですが、機能面ではビットコインよりも優れてます。これが価格に反映されていないのが、相場の不思議なところ。

なお、ビットコインのハードフォークで生まれた仮想通貨で時価総額ランキング30位以内はビットコインキャッシュだけです。

 

ビットコインキャッシュの特徴

  • スマートコントラクトを搭載
  • アップデートで機能向上
  • 決済サービスに導入

* * *

スマートコントラクトを搭載

今回ビットコインキャッシュについて調べるまで、私も知りませんでしたが、スマートコントラクトを搭載しています。

※スマートコントラクトとはあらかじめ決められた契約を条件に基づいて自動で実行してくれる仕組み。

これは、イーサリアムが初めて搭載した機能で、これによりさまざまなサービスが行えるようになるのです。例えばNFT、DeFi、ゲーム等はスマートコントラクトがあるおかげで生まれたサービスです。つまり汎用性を生む技術がスマートコントラクト。

ビットコインには搭載されていません。

アップデートで機能向上

ビットコインキャッシュは、ブロックチェーンの機能や仕様を向上させるためにアップデートを繰り返しています。それによりクリプト関連の情勢に合わせた臨機応変な対応が期待できます。

今後も定期的にアップデートを繰り返すことで、より使いやすい仮想通貨へと発展する可能性があります。

決済サービスに導入

◆海外決済サービスのPayPalや楽天ではビットコインキャッシュでの決済が行われております。これら大手企業が導入していることは、今後ほかの企業も導入する可能性が高まります。

◆中国では、決済・チャットアプリの 「WeChat」 が、ビットコインキャッシュの送金が行えるウォレット機能を追加してます。中国市場は膨大なので、ここを押さえることはかなり大きな意味を持ちます。利用者や利用金額は確実に向上するでしょう。

◆Bitcoin.comが2020年6月にビットコインキャッシュをメールアドレス宛てに送付できるサービスを開始しました。

受け取り側の仮想通貨ウォレット入金アドレスを知らなくても、メールアドレスを知っているだけで、送金できてしまうという画期的な機能です。

仮想通貨入金アドレスのかわりに、メールアドレスを送金時に入力することで仮想通貨の送金が可能になるので、長い入金アドレスより入力ミスも減るし、慣れ親しんだメールアドレスが使えるということで、新しい利用者が増えるかもしれません。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格推移

            
ビットコインキャッシュ(BCH)の価格推移
次にビットコインキャッシュの価格チャートをチェックします。

ビットコインキャッシュ対円ペアの週足チャート

BCH 9.27 1W
大きな山が二つあります。

1つは2017年12月で、もう1つは2021年5月です。
その間はあまり値幅のない価格で推移してます。

週足拡大
BCH 9.27 1Wb
少し拡大した図。
黄色線の下降トレンドラインが一本引けますが、すでにこれは越えてきています。

ビットコインキャッシュ対円ペア日足チャート

BCH 9.27 1D
日足を見ますと、直近高値のレジスタンスL1とその上のレジスタンスL2が当面の上値目標です。

レジスタンスL1よりレジスタンスL2の方が強力なので、こちらを上抜けしたら、日足レベルでは買い方優勢のチャートに転換したと思っていいでしょう。ですから、今後はレジスタンスL2を越えるか否かに注目しましょう。

一方でサポートL1はかなり弱いサポートです。いつ下抜けしてもおかしくない状況ですが、他の仮想通貨(特にビットコイン)と連動して動いている面もありますから、いまのところギリギリで耐えている感じですね。

チャート分析まとめ:
いまのところ全体としては弱い印象を受けます。ギリギリのところでサポートを割らずに耐えています。このまま下を割らずにレジスタンスL1を上抜けてくれば、多少上昇希望が持てて、レジスタンスL2を上抜けてくれば、相場転換が近いでしょう。

トレード用語解説:
・トレンドL(ライン)とは相場の上昇、下降のどちらに向かっているのか?方法を示す線。
・サポートL(ライン)とは支持線という意味で、下落を阻む買いが生じやすいポイントという意味。
・レジスタンスL(ライン)とは抵抗線という意味で、上昇を阻む売りが生じやすいポイントという意味。

* * *

ビットコインキャッシュの今後の予測

 
送金に特化した仮想通貨は最近どんどん生まれてきています。

企業間ではリップル(XRP)
個人間ではステラルーメン(SLM)

これらには送金速度も送金コストも太刀打ちできないのが現状でしょう。

では、どこで太刀打ちできるのか?
それを見いだせないと生き残れないかもしれません。

ただし、ビットコインキャッシュは送金だけではなく、決済通貨としても価値を持っていて、実際にアジアで100件前後の店舗で利用できます。欧州ではさらに多く、500件以上の店舗で利用することが可能です。

これは通貨としての役割というわけですから、価格の安定が重要なカギとなってきます。

私見では、この「通貨としての役割」に重点をおいて開発をしていくのが、ビットコインキャッシュが生き残れる道だと思います。

* * *

まとめ:ビットコインキャッシュ(BCH)とは

  • ビットコインのハードフォークによって誕生した
  • アップデートを繰り返して機能向上している
  • スマートコントラクトを搭載している
  • 決済サービスに導入されている

◆決済サービスに活路を見出す方がビットコインキャッシュが生き残れる確率は高くなると思います。

以上でビットコインキャッシュの解説を終わります。

* * *

【無料】チャート分析を勉強したい方はこちらで勉強できます。

◆トレードに必要なのは技術だけではありません。メンタルについても実体験をもとに書いてます。

* * *

仮想通貨の基礎学習がしたい人はこちらの記事をどうぞ