Beablog 仮想通貨とトレードテクニックのブログ

【仮想通貨】ビットコイン、イーサリアムの今後の予想【今は節目の攻防】

Technical

この記事はこんな人向けです。

「これからビットコインやイーサリアムを買おうとしている人。買ったけど含み損が出てる人。チャート分析方法を学びたい人」

これを書いてる私は、株と為替FXを足してトレード歴15年。あのライブドアショックやリーマンショックも経験し、共に無傷で生き残ってます。

◆これは数日前にツイートした内容

ビットコ、イーサともに「差し込み線」の後で「被せ線」が出てる。上下どっちが有利か?ここでもう一度、陽線の「差し込み線」が出れば、買い有利とみる。

トレード経験のない人にとっては意味不明「???」の内容だと思います。この記事でどういうことか理解できるでしょう。

今日は2022年4月25日ですが、
数か月後、1年後でもチャート分析のやり方を学べると思います。

◆【仮想通貨】ビットコインの今後の予想

ビットコイン日足チャート
ビットコインの今後の予想01
いま、レジスタンスライン2(レジL2)という重要な節目で跳ね返されて下げていて、サポートライン1(サポL1)で支えられてます。

このレジL2とサポL1は3週間以上前に私が引いていた重要な水平線です。(正確には3月21日の「チャート分析方法の解説・ライン編」ですでに引いてます)

レジL2とサポL1がなぜ重要なのかは、4月3日の記事に理由を書いてます。チャート分析の仕方も学べるので参考にどうぞ。
≫ ビットコインチャート分析と今後の予想【テクニカル分析】

直近を拡大した図
ビットコインの今後の予想02
下ひげ長い陽線の「差し込み線」上ヒゲ長い陰線の「被せ線」が出てます。
これは相場が迷っている状態ですが、いまのところ買いの方が若干優勢に見える。

◇ その根拠

根拠1:ローソク足の形

1,「差し込み線」の陽線上部のヒゲは短いのに対し、「被せ線」の陰線下部のヒゲは長め。もう少し下ヒゲが長ければ、被せ線ではなく上下長い十字線(迷い線)になる。

根拠2:跳ね返されたポイントの重要度

2,「差し込み線」は重要なサポL1で跳ね返っているが、「被せ線」は特に重要な節で跳ね返されていない。

根拠3:出来高の違い

3,「差し込み線」の出来高の方が、「被せ線」の出来高より多い。
こちらをご覧ください。
ビットコインの今後の予想03
図の黄色いラインがローソク足と出来高を結んでいます。

◇ 仮想通貨ビットコインの今後の予想

サポL1は重要ではあるけども、これを割ったとしてもまだ買い方優勢には変わらない。サポL2を割るまでは買い目線。

なので、まずはサポL1を割るかどうかに注目し、割らずに上げた場合のローソク足の形に注目する。次に「差し込み線」や「包み線」の陽線などが出たら、買い方有利と見る。この場合はまたレジL2に向かって上昇すると思われる。

もしサポL1を割ったのなら、一旦は上昇の仕切り直しとなるので、短期トレードなら一度買いポジションは解消する。そして次のトリガーが出るまで様子見をする。

次のトリガーがでれば、またブログで書きます。

上述した「差し込み線」や「被せ線」がなにか知りたい方はこちらの記事をどうぞ。
≫ 仮想通貨テクニカル分析の基本・使えるローソク足組5選【実践向】

◆【仮想通貨】イーサリアムの今後の予想

イーサリアム日足チャート
01

現状はレジL2で跳ね返されて、下のサポL1に向かっている途中。

このレジL2や補助線、サポL1などは、3週間前に私が引いていた重要な水平線です。(正確には3月23日の「チャートの分析方法の解説・トレンドライン編」で解説しながら引いてます)

レジL2とサポL1がなぜ重要なのかは、4月4日の記事に理由を書いてます。チャート分析の仕方も学べるので参考にどうぞ。
≫ イーサリアムチャートの分析と今後の予想【テクニカル分析】

このチャートは昨日4月24日のもので、この時は移動平均線75EMAに綺麗に支えられていたけど、今日は割り込んでいる。

今日の日足チャート
イーサリアムの今後の予想02
75EMAは割り込んだが、補助線Aで綺麗に反発している。

じつは昨日の時点で移動平均線は割り込んでくると思っていた。(時間がなく昨日は記事が書けなかったから一日遅れで書いている)そして、この補助線Aも割り込む恐れがある。

◇ その根拠

根拠1:ローソク足の形

1,「差し込み線」も「被せ線」も形や勢いがほぼ拮抗している。ビットコインのように買い優勢ではない。

根拠2:出来高の違い

2,「差し込み線」と「被せ線」の出来高が同じ
この図を見て欲しい

イーサリアムの今後の予想03
ごらんの通りほぼ一緒の出来高。

根拠3:跳ね返されたポイントの重要度

3,補助線Aはそれほど強いサポートではない。これについては3週間前に書いた記事で解説している。

◇ 仮想通貨イーサリアムの今後の予想

イーサリアムのレジスタンスはレジL2が強力なのは間違い。
一方のサポートラインはサポL1が本命かもしれない。

ビットコインではすでにサポL1に当たっているが、イーサリアムの方はまだ下げる余地があるので、このサポL1での攻防を見極めてから次の展開予測ができるようになる。

数日後になにかしらのトリガーが出たら、その時はまた展開予測の記事を書きます。

上述した移動平均線について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。
≫ 仮想通貨チャートの分析方法の解説・移動平均線編【初心者向け】

◇ XRP(リップル)のチャート分析

ついでに XRP(リップル)のチャートも見てみます。
XRP(リップル)のチャート分析01
XRP(リップル)はこんな感じで日足チャートで確認できる、大きな三角レンジ内での動きをしている。

レジスタンスは上の水平線。
サポートはトレンドラインですが、これより下にはサポL1とサポL2がある。

XRP(リップル)チャートの今後の予想

三角レンジのサポートであるトレンドラインを割らずに、上昇してレジL1を上抜けば、長期で買い優勢になる。

逆にサポL2を割り込んできたら、長期で売り優勢になる。

XRP(リップル)チャートの分析はこちらの記事で詳しくしています。XRP(リップル)の値動きの癖なども解説してます。
≫ 【仮想通貨】リップルチャートの分析と今後の予想【テクニカル分析】

数日後に重要な動きやトリガーがでたら、またチャート解説記事を書きます。

チャート分析に興味がある方はこちらの記事が役立ちます。