Beablog 仮想通貨とトレードテクニックのブログ

仮想通貨ポルカドット(DOT)とは?ポルカドットの特徴と今後の予測

Crypto Token

「ポルカドット(DOT)ってどんな仮想通貨なの?名前はよく聞くけど、いったいどういう特徴があるの?」

このような疑問に答えます。

本記事の内容
  • 仮想通貨ポルカドット(DOT)とは            
  • ポルカドットの特徴        
  • ポルカドット(DOT)の価格推移と今後の予測        

これを書いている私は、資産の大半を仮想通貨にして実際に運用中。NFTも3つのマーケットプレイスで販売しています。

これからポルカドット(DOT)の購入や長期保有、ステーキングを検討している方は、ぜひ価格の推移まで読んでから買いのタイミングを計ってください。

* * *

仮想通貨ポルカドット(DOT)とは

ポルカドット(DOT)は、2020年8月に上場したばかりの仮想通貨。

Web3 Foundationによって考案されたプロジェクトで、このメンバーにはイーサリアムの共同開発者の一人であるGavin Wood(ギャビン・ウッド)氏がいることでも知られてます。

「ポルカドット」は本来は通貨の名称ではなく、分散型のWeb社会を目指すプロジェクト名で、そこで用いられている通貨が「DOT(ドット)」です。

これは、イーサリアムも同じで本来は「イーサリアム」というのはブロックチェーンの名前であり、通貨は「ETH(イーサ)」ですが、ほとんどの場合で通貨も「イーサリアム」と呼でます。

◆ポルカドットが目指すものは、異なるチェーン同士を繋げるようにすることです。

ポルカドット(DOT)の概要

  • トークン名:ポルカドット
  • シンボル :DOT
  • 総発行枚数:11億2千万枚
  • 価格   :$6.31(約 883円)(2022年9月時点)
  • 時価総額 :$7,073,200,672 (2022年9月時点)
  • 時価総額ランキング:11位   (2022年9月時点)
  • WEBサイト :公式サイト
  • WP    :ホワイトペーパー (英語)
  • 価格推移  :ポルカドット対ドルチャート

時価総額ランキングではかなり上位にいます。

ポルカドット(DOT)の特徴

  • 異なるチェーン同士をつなぐ
  • スケーラビリティ問題に対応している
  • セキュリティが高い
  • 多様なプロジェクトを容易につなげられる

* * *

異なるチェーン同士をつなぐ

異なるブロックチェーン同士をつなげて作動させることを「インターオペラビリティ(相互運用性)」といいます。

ポルカドットの公式サイトからの引用図
ポルカドット.パラチェーン
イメージとしてはこんな感じです。赤丸がポルカドットのリレーチェーン(Relay Chain)と呼ばれるブロックチェーンです。そこにはいろんな「パラチェーン」と呼ばれるもの(青丸)をくっつけることができます。

パラチェーン同士は赤丸でお互いに作動しあえる環境。

パラチェーンの拡大
ポルカドット.パラチェーン2
このパラチェーン上には、さらにいろんなプロジェクトが可動できます。例えばNFTだったり、ゲームだったり、DeFi等々…。

パラチェーン上だけでも相当数ものプロジェクトが存在可能ですが、そのパラチェーンは、ポルカドットのリレーチェーン上に100個まで接続可能です。

スケーラビリティ問題に対応している

スケーラビリティ問題とは、利用者が増えるにつれ処理すべきことが多くなりすぎて、処理時間の延遅やガス代の高騰が起きること。
ポルカドット.パラチェーン3
ポルカドットの場合は。この図のように沢山のパラチェーンがポルカドットのリレーチェーンに接続されています。ですからトランザクション(何かを実行させること)の処理は同時に平行処理されていくことができるので、処理速度が早いです。

セキュリティが高い

ポルカドットでは、それまでのブロックチェーンとは違う方法でセキュリティ強化を図ってます。

セキュリティをブロックチェーンのネットワークにプールさせる「Pooled Security」という仕組みを採用し、セキュリティを高めている。

これは、もし攻撃を受けそうになっても、攻撃を防ぐセキュリティが自動で作動するというもので、ブロックチェーンを安全に利用することができます。

多用なプロジェクトを容易につなげられる

ポルカドット.パラチェーン2
先ほどのパラチェーンの拡大図ですが、パラチェーンだけでも今後100個まで増えます。そしてこの図のオレンジ枠のようにそれぞれのパラチェーン上には沢山のプロジェクトが可動できます。

現在でポルカドットのエコシステムに関連するプロジェクトはすでに300以上も存在する。

将来100個のパラチェーンが接続されたと仮定して、それぞれのパラチェーンに20個のプロジェクトがあれば、100×20=2000個のプロジェクトということです。

ポルカドット帝国の出来上がりで、ブロックチェーン可動で使われる通貨DOTはますます価値が上がるでしょう。

備考:
日本発のプロジェクトのAstar Networkはポルカドットのパラチェーンの一つです。

ポルカドット(DOT)の価格推移

            
ポルカドット(DOT)の価格推移
* * *

ポルカドット/USDTの週足チャート

DOT-USDT 9.25 1W
これは対円チャートではありません。USDTという米ドルに連動したステーブルコインとのペアです。

山が二つあり、一つは2021年4月。
もう一つは2021年11月。

どちらも仮想通貨全体が上昇している時とリンクしているので、特に個別的な値動きではありません。

赤線の強力なレジスタンスラインが一本引けます。その上にもレジスタンスラインはありますが、週足レベルではこのレジスタンスL1を上抜くのが買い勢の目標となりそうです。

トレード用語解説:
・トレンドL(ライン)とは相場の上昇、下降のどちらに向かっているのか?方法を示す線。
・サポートL(ライン)とは支持線という意味で、下落を阻む買いが生じやすいポイントという意味。
・レジスタンスL(ライン)とは抵抗線という意味で、上昇を阻む売りが生じやすいポイントという意味。

ポルカドット日足チャート

DOT-USDT 9.25 1D
次に日足ですが、日足ではレジスタンスL2が引けます。

6月から4ヶ月間、上値を抑えているラインなので、日足レベルではこのレジスタンスを越えるかどうかが注目のポイントです。

越えてくれば、次のターゲットはその上のレジスタンスL1になる。

ポルカドット4時間足チャート

DOT-USDT 9.25 4H
さらに時間軸を短くしてみました。

ここでもわかりやすい強いレジスタンスラインが一本引けます。短期的な上昇目標はどうやらこのレジスタンスL3になりそうです。

* * *

ポルカドットのステーキング

ステーキングとは仮想通貨を預けるだけで利息が付くというもの。

ポルカドット4
これは海外取引所のバイナンスというところでのステーキング画面です。
年利率5.07%とあまり高くないですが、これは「フレキシブル」というタイプのステーキングで、いつでも引き出し可能というものです。

ポルカドット5
こちらは120日間引き出せないタイプのステーキングで、年利率20.98%とフレキシブルの4倍です。ステーキングで20%はかなりいい数字。しかもこのようなちゃんとしたプロジェクトの仮想通貨では特にいい数字でしょう。

これ以上ここではステーキングに関して解説しません。
詳しく知りたい方は上記の記事をご覧ください。

* * *

ポルカドットの今後の予測

 
仮想通貨のステーキングデータサイト「Staking Rewards」では、ポルカドット(DOT)は6位にランキングしています。

これはどういうことかというと、ステーキングとは一定期間通貨を預けることを意味するので、その通貨を発行している母体の信頼度が高いことを意味してます。

さらに、ステーキングする人が多いということは預けられた通貨は売買できないので、価格の安定をもたらします。少なくとも急激な下げになりにくい。

ポルカドット(DOT)がローンチされたのは2020年。まだ2年しか経っていませんが、すでにポルカドットのチェーン上には300種類を超えるプロジェクトの開発が進んでいます。

すごいスピードで成長を遂げている。

ただ、いまのところ価格にはそれは反映されておらず、他の仮想通貨同様に仮想通貨全体の影響下で価格は下げているのが現状。

もしこれから長期保有を考えているのなら、前述したチャート分析に出てきたレジスタンスラインを越えた後でも遅くはありません。すくなくとも、日足のレジスタンスL2を越えてからの方がいいと思います。

* * *

まとめ:ポルカドット(DOT)とは

  • 異なるチェーン同士を繋ぐプロジェクト
  • 同時並行処理を行うので、処理速度が速い
  • 「Pooled Security」によってセキュリティが高い
  • 多くのプロジェクトが可動している

◆以上でポルカドットの解説を終わります。

* * *

【無料】チャート分析を勉強したい方はこちらで勉強できます。

◆トレードに必要なのは技術だけではありません。メンタルについても実体験をもとに書いてます。

* * *

仮想通貨の基礎学習がしたい人はこちらの記事をどうぞ