暗号資産×FX×AIナビ 暗号資産 ・FX・AI情報を初心者向けに発信しています。 Written by Bea
・当サイトにはプロモーションが含まれています。

暗号資産(仮想通貨)取引所のビットポイントとは?口座開設の仕方【初心者向け】

仮想通貨取引所 初心者向け

「暗号資産(仮想通貨)取引所は沢山あるけど、ビットポイント(bitpoint)ってどうなのかな?他と何が違うう?」

このような疑問に答えます。

これを書いている私は、資産の大半を暗号資産(仮想通貨)にして実際に運用中。NFTも3つのマーケットプレイスで販売中です。

ビットポイント口座開設(無料)はこちら
BITPOINT

暗号資産(仮想通貨)取引所のビットポイントとは?

*
ビットポイントは、2017年5月サービスを開始。ビットコイン、イーサリアムをはじめ、17種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っている。

取引手数料が安価であり、取引の簡易性、取引所内の画面構成、マーケット情報の提供など、取引を容易にするための機能が充実しています。

 

ビットポイントの概要

取扱銘柄数  17種類
取引手数料
 ・販売所  無料 (スプレッドはある)
 ・現物取引  無料 ※現物取引については「こちら」をご覧ください。
その他手数料
 ・入金手数料  銀行振り込み:各銀行の振込手数料のみ
 クイック入金 :無料
 ・出金手数料  お客様負担 (振込手数料実費分)
 ・送金手数料  無料 各暗号資産(仮想通貨)17種類
レバレッジ取引  ×
スマホ対応  〇
公式サイト  ビットポイント公式サイト
おすすめポイント
 ・暗号資産(仮想通貨)の送金手数料が無料
 ・17種類の暗号資産(仮想通貨)が現物取引可能
 ・500円からの暗号資産を購入可能

 

ビットポイントは未経験者・初心者・それと中級者にも向いている

取引所ビットポイントはこんな人におすすめ。

  • 未経験者
  • 初心者
  • 中級者

 

理由
ビットポイントの特徴
これはビットポイントの公式サイトに載っている情報です。

  1. 各種手数料が無料
  2. さまざまな投資方法
  3. 使いやすいツール
  4. 簡単に始められる

一つずつ解説します。

各種手数料が無料

ビットポイントで無料になるサービス

  • 日本円のクイック入金
  • 暗号資産(仮想通貨)取引
  • 暗号資産(仮想通貨)の送金

暗号資産(仮想通貨)の送金が無料です。(今後変更になる可能性がある)これは大きいです。しかも対応している暗号資産(仮想通貨)は取り扱いの全17種類です!このメリットは大きく、これだけでここの口座開設する意味がある。

特に暗号資産(仮想通貨)を日本円で購入後に他のウォレットに送金予定がある場合は、ここで購入するのが一番いいです。

DMMビットコインでも送金無料と書いてありますが、実際に送金できる暗号資産(仮想通貨)は「ビットコイン、イーサリアム、リップル」の3種類だけ。しかも送金可能の最低数量がビットコインだと0.02BTC以上という多い数量。イーサリアムだと0.1ETH以上。

ではビットポイントはどうでしょうか?
暗号資産(仮想通貨)送金最低数量
ビットコインは0.005BTCから送金できます。イーサリアムに関してはこちらも0.1ETHとなっており、ちょっと注意が必要で少額では送金できません。

それでも断然DMMよりは使える取引所です。

注意:一方で誤解しやすい有料サービスもあります。
◆ビットポイントで有料になるサービス

  • 販売所のスプレッド
  • 日本円の銀行振り込みによる入金
  • 日本円の出金

日本円の入出金に関しては、振込手数料の実費分の負担があります。それ以外の事務手数料は無料。

あと、ここだけではありませんが、すべての暗号資産(仮想通貨)取引所の販売所価格にはスプレッドという見えない手数料が存在します。

さまざまな投資方法

  • ビットポイントさまざまな投資方法
  • ここだけでしか扱っていない通貨もいくつかあります。

    ビットポイントのメリットとしては、取り扱い17種類の通貨がすべて現物取引できる事です。そしてそれらの送金が無料。この組み合わせは他の取引所にないメリットです。

    このことが中級者向けの理由でもあります。

    なぜなら、現物取引で暗号資産(仮想通貨)を購入するのは、未経験者や初心者にはハードルが高いからです。もし、株やFXですでにトレード経験がある人は問題なし。(ただし、FXには板情報というものがないため、株取引の経験があるのが一番いいです。)

    現物取引についてはこちらで解説してます。
    暗号資産(仮想通貨)の現物取引とは?レバレッジ取引との違いを解説【基礎知識】

    ◆ステーキングもできる
    ADA(エイダ)コインのステーキング
    ADA(エイダ)コインだけですが、ステーキングもできます。

    使いやすいツール

    ビットポイント使いやすいツール
    私はスマホでトレードすることはありません。価格チェックなどでしかスマホ利用しませんが、非常に見やすくて扱いやすいという評判のようです。

    販売所での取引もすごくシンプルです。
    ビットポイント販売所
    500円から取引でき、日本円を入力すればいいだけです。この辺はコインチェックと同じ条件ですね。

    これらは初心者や未経験者にとってはメリットです。

    ◆一方でより複雑な取引ができるツールも備えてます。
    ビットポイントPRO
    BITPOINT PROというツールです。中級者にとってはこちらがいいでしょう。

    ただし、このツールに関しては若干の問題もあります。
    ツールの問題

    • チャート拡大したときにテクニカル分析できない
    • 現物取引情報に不足がある

    1,まずはチャートを拡大するとテクニカル分析ができなくなる。(まだ発見できてないだけかもしれませんが、どう操作しても分析ツールが表示されませんでした。わかりにいというだけでもマイナスです)

    2,板情報はあるけど、直近で約定した値や数量の時系列表示がない。

    以上の2点から、チャートに関してはビットバンクの方が使いやすく優れています。

    BITPOINT PROはわかりにくいところにある。
    ビットポイント口座開設8
    左下に隠れるようにしてあります。 笑

    簡単に始められる

    私が口座開設する時は、いちいち画像をスクショして保存したりしたので、多少時間がかかってますが、おそらくただ口座開設するだけなら、10分以内でできたでしょう。

    確認書類提出が完了して申し込み完了後、40分後には講座開設完了メールが届いたので、本当にすぐに簡単に始められます。

     

    ビットポイントの口座開設の方法(無料)【画像付き】

    ビットポイントの口座開設の方法(無料)【画像付き】
    次にビットポイントの口座開設のやり方を解説します。

    ↓ ビットポイント口座開設はこちら(無料) ↓
    BITPOINT
    * * *

    暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設をする手順

    まずは、全体の手順を書きます。

    口座申込完了までの流れ

    1. メールアドレス・電話番号登録
    2. SMS認証/アカウントパスワード設定
    3. 取引ページログイン後、口座開設申込
    4. 審査用QR発行/本人確認書類確認・審査

    メールアドレス・電話番号登録をされてから、30日以内に(4)までの完了

    どの取引所の口座開設も同じで、このような手順です。

    株やFXでも同じですが、暗号資産(仮想通貨)の場合はその日のうちからもう取引できます。というのも株やFXのように口座開設完了書類というものが郵送されずに、メールだけの通知ですから、早いし楽です。

    本人確認もスマホで済ませられます。

    ビットポイントの口座開設のやり方

    では実際に画像を見ながら解説していきましょう。といっても簡単なので、早ければ10分もかかりません。

    まずはビットポイントのサイトにアクセスします。
    BITPOINT(ビットポイント)公式サイト

    ビットポイント口座開設01
    下の赤色ボタン「口座開設はこちら」をクリック。

    ビットポイント口座開設02
    1,個人か法人かをクリック
    2,普段使っているメールアドレスを入力
    3,携帯電話の番号を入力
    4,「確認画面」ボタンをクリック
    確認画面が出てきますので、一番下の確認ボタンを押すと、さっき入力したメールアドレスに認証コードが送られます。

    ビットポイント口座開設04
    このようなメールが送られてくるので、オレンジ枠内のリンクをクリック。

    ビットポイント口座開設05
    するとこのような画面になります。

    1,先ほど入力した携帯電話にSMSで認証コードが送られてくるので、それを①に入力する。
    2,ビットポイントにログインする時のパスワードを設定します。(最低8文字)
    3,確認用パスワードを入力
    4,「設定する」をクリック。

    ビットポイント口座開設06
    これで仮登録が完了です。ここまでで2~3分でしょう。

    続いて本登録をするために「ホーム画面」をクリック。

    ビットポイント口座開設07
    「OK」をクリック。

    ビットポイント口座開設08
    上の赤枠がこの後の流れです。

    本登録の流れ

    1. 本人確認書類
    2. 講座開設申し込み
    3. 申し込み内容確認
    4. 本人確認書類アップロード

    4つ目まで終われば、申し込み完了です。

    ビットポイント口座開設09
    緑枠には本人確認書類提出時に、本人確認情報などを第三者である(株)Liquidへ提供すると書いてあります。

    他の暗号資産(仮想通貨)取引所でも同じで確認書類提出はほとんどこの(株)Liquidが請け負ってます。後述しますが、スマホによる本人確認をする会社です。

    なので、一度経験すれば他の取引所の口座開設の時も同じ手順なので、2回目以降は楽です。

    では、本登録をしていきましょう。
    一番下の「口座開設申し込み」をクリック。

    ビットポイント口座開設10
    いろいろな条件に同意していきます。一番上の「全て同意」をクリックすれば、全部にチェックマークが付けられます。

    スクロールして一番下の「全て同意」をクリック。

    ビットポイント口座開設11
    次の画面で住所氏名などの個人情報を入力していきます。

    ビットポイント口座開設12
    必須項目をすべて入力し終わったら、下の「確認」ボタンをクリック。

    ビットポイント口座開設13
    確認画面で確認をしたら、下の「本人確認書類提出」をクリック。
    (住所に間違いがないか、特にチェックしておきましょう)

    ビットポイント口座開設14
    上の赤枠を見てください。
    最後の工程にきました。

    先程と同じように、確認書類提出の際に本人確認情報を第三者Liquid社に提出しますという注意書きが書いてあります。

    ビットポイント口座開設15
    上記の注意書きに同意できる場合は、一番下にあるQRコードをスマホで読み取ります。

    確認書類の提出
    ここからは、スマホで操作することになります。
    確認書類提出の流れ

    1. 確認書類を選ぶ
    2. 確認書類をスマホで撮影
    3. 顔をスマホで撮影
    4. 確認書類アップロード完了

    ビットポイント口座開設17
    このような画面がスマホで出てきます。

    一番下までスクロールして「同意する」をクリック。

    ビットポイント口座開設18
    1,確認書類の種類を選ぶ。
    運転免許証かマイナンバーカードしか選べません。

    2,注意事項の確認にチェック。
    操作途中でスマホのブラウザを閉じたりしたら、最初からやり直しになってしまいます。

    3,「次へ進む」をクリック。

    ビットポイント口座開設19
    このような許可を求められるので、「許可」をクリック。
    許可しないとこの先に進めません。

    ビットポイント口座開設20
    撮影の仕方を教えてくれます。
    「撮影開始」をクリック

    ビットポイント口座開設21
    撮影が終わると、画像チェック画面になります。。

    1,オレンジ枠の注意事項を確認してチェックを入れる7
    2,OKボタンが有効になるので、それをクリック。

    運転免許証の場合は、表裏と斜めからの撮影があります。

    ビットポイント口座開設22
    次は顔の撮影です。スマホに顔枠が出てくるのでそれに合わせて撮影。

    ビットポイント口座開設23
    正面撮影の次は首振りの撮影です。
    スマホの指示に従って、上・右・左の三方向で動かす撮影をします。

    ビットポイント口座開設24
    首振り撮影が完了するとこのような画面がでてきます。
    これで、申し込み完了です。

    ビットポイント口座開設25
    メールの方にも「口座開設申し込み受付」というお知らせが届きます。

    その後は審査待ちとなり、メールで結果を知らせてくれます。
    ビットポイント口座開設26
    審査に通って口座開設が完了すると、このようなメールが届きます。

    申し込み完了してからなんと、40分で口座開設完了です!めちゃくちゃ早いですね。

    ◆ビットポイントの利用方法は別記事で書きますので、もうしばらくお待ちください。暗号資産(仮想通貨)の売買方法も別で書きます。

    * * *

    口座開設の注意点 

    注意点と私の失敗談を書いておきます。

    ・確認書類と同じ住所氏名を書く。
    当たり前ですが、最近では漢字変換機能でサッと変換してしまうので、時々変な漢字変換がされている場合があります。最終確認でしっかりチェックしておきましょう。

    日本円を入出金する際は同名の口座名義しか受付されません。これはマネーロンダリング* 対策や不正防止のためでもあります。

    ※マネーロンダリング、通称マネロンとは、悪い人たちが盗んだお金を暗号資産(仮想通貨)などに変換したりして、盗んだかどうかわからなくすること。

    ・スマホによっては、確認書類撮影がうまくできない。
    私の経験談ですが、カメラ撮影の時に枠だけ表示されて、肝心の被写体がスマホ画面に出てこなくて真っ暗でした。(2台のスマホで試しましたが、どちらもダメでした。1台は発売後1年しか経っていないスマホ)

    このせいで本人確認書類のやり直しをしたことがあります。

    こういう場合はブラウザーでのサイト設定で、カメラ使用を許可する必要があるというのを後で知りました。

    詳細は忘れてしまったのですが、Google Chrome だと右上の3点をクリックして「設定」から「サイト設定」でカメラ使用を許可した記憶があります。

    もし同じようにスマホ画面が真っ暗な場合は、ググって調べてください。すぐにやり方が出てくると思います。

    コインチェックの口座開設は以上ですが、リスクマネジメントのためにも最低もう一か所取引所を開設しておいた方がいいです。

    取引口座は2カ所以上で開設する

    これはFX時代の時に学んだことですが、ある時FX会社にログインできない時がありました。その会社のシステムエラーかなにかです。

    その時にはポジションも持っていたのですが、もし急激な動きが出た時にこのような会社のシステムエラーでログインできないというのは恐ろしいくらいにリスクです。

    それからというもの、メイン以外にもサブでいつでも使えるように別会社にも資金を入れ、ときどきトレードするようにしました。いつなんどきにトラブルに巻き込まれるかわかりません。

    ネット回線エラーも同じです。なので私はSIMを2つ契約し、別々の通信システム回線にしてます。いまは格安SIMがあるので、月額数百円から千円でサブ回線が持てます。これもリスクマネジメントの観点からすれば、必要になります。

    2つ目の口座開設に向いている取引所

    2つ目に口座開設するのなら、迷わずビットバンクをおすすめします。

    理由はたくさんありますが、特に代表的な理由をあげます。

    ビットバンクをすすめる理由

    • 取り扱い暗号資産(仮想通貨)が24銘柄
    • 24銘柄すべてが現物取引できる
    • 24時間365日リアルタイムで更新
    • 60種以上のテクニカル分析ツールがある
    • 手数料が安い

    取り扱い銘柄が24種類もあり、そのすべてが現物取引できます。

    現物取引ですので、未経験者や初心者にはあまり向きませんが、暗号資産(仮想通貨)取引に慣れてきた人がワンランク上の取引を行うのにピッタリです。

    さらに、現物取引なのでスプレッド* 差がなく、手数料も安いし逆にもらえることもできます。これほど2つ目の口座開設にピッタリな取引所はありません。

    ◆口座開設はこちらから。
    bitbank(ビットバンク)公式サイト ≫
    無料ですぐにできます。

    ビットバンクの口座開設のやり方はこちら で解説してます。(画像付き)

    ・年々口座開設や暗号資産(仮想通貨)の送受信の際の記入項目が増えてきて面倒になってきてます。なので、興味があれば、口座開設だけでも先に済ませておくことをお勧めします。

    口座開設も、口座維持費も無料なので、口座を開設しておいてから後で取引を行えばいいだけですから。

    * * *

    国内のおすすめ取引所とすすめない取引所の紹介

    * * *

    低価格で買える将来性のあるおすすめ暗号資産(仮想通貨)10選

    * * *

    まだ低価格な将来性のある厳選暗号資産(仮想通貨)

    * * *

    暗号資産(仮想通貨)の基礎学習を独学したい方はこちらの記事からできます。