暗号資産×FX×AIナビ 暗号資産 ・FX・AI情報を初心者向けに発信しています。 Written by Bea
・当サイトにはプロモーションが含まれています。

【暗号資産(仮想通貨)の基本】いまさら聞けないビットコインの始め方【初心者向】

初心者向け 暗号資産の基礎知識

「暗号資産(仮想通貨)のビットコインに興味があるけど、なにをどうすればいいのか?いまいちよくわからない。初めてでも不安なく買えるかな?」

このような不安に答えます。

本記事の内容
  • 暗号資産(仮想通貨)ビットコインの始め方            

今回はシンプルにこれだけを解説します。

これを書いている私は、クリプトの可能性を感じて暗号資産(仮想通貨)の運用を開始。NFTも3つのマーケットプレイスで販売中です。

☟ 記事を読む前にこちらの応援クリックをお願いします。 記事を書くモチベーションになります ⤴ m(__)m
にほんブログ村 投資ブログ 暗号資産(仮想通貨)へ
≫ にほんブログ村

 

【暗号資産(仮想通貨)の基本】いまさら聞けないビットコインの始め方 

【暗号資産(仮想通貨)の基本】いまさら聞けないビットコインの始め方
※免責事項
・当ブログからのリンクで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
・また当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。
・当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
上記を了承された方のみこの先をお読みください。

* * *

手順は3つ 

ビットコインをはじめ、ほとんどの暗号資産(仮想通貨)の購入手順はこの3つです。

手順

  1. 暗号資産(仮想通貨)国内取引所の口座開設
  2. 取引所の口座へ日本円を入金
  3. ビットコイン(暗号資産(仮想通貨))を購入

これだけです。

1、暗号資産(仮想通貨)国内取引所の口座開設 

まずは国内取引所に口座開設をします。

取引所によって扱っている暗号資産(仮想通貨)の種類は違いますが、ビットコインならどこでも扱っています。

ですから、どこで口座開設してもいいです。

ただ買いやすい取引所とかはありますから、そういう意味で初めての口座開設ならCoincheck(コインチェック)をお勧めしてます。

すでに口座開設をしている人なら、2番目の口座開設ならbitbank(ビットバンク)を勧めてます。

その辺の詳細を含めて下記の記事に書いてます。参考にしてください。

 

2、取引所の口座へ日本円を入金 

日本円入金は初めての人には緊張するかもしれませんし、不安かもしれませんが、海外取引所と違って国内取引所なら日本語なので、それほど心配する必要はありません。

それに、銀行振り込みなら普段の銀行→銀行へ日本円の振込をするのとやることは同じです。この段階では暗号資産(仮想通貨)は関係ありません。

暗号資産(仮想通貨)取引会社のサイトには日本円入金の項目がありますから、そこを見れば振込先銀行名と口座番号とかの必要な情報は書いてあります。

 

3、ビットコイン(暗号資産(仮想通貨))を購入 

 
ビットコイン購入方法はこちらで詳しく紹介してます。
【参考記事】≫ コインチェックでビットコインとイーサリアムを買う方法

ここでは注意点だけ説明します。
購入には

  • 1、現物の販売所
  • 2、現物の取引所
  • 3、レバレッジの取引所

この3種類があります。

【1】
一番簡単に購入できるのが、最初の「現物の販売所」です。多額のビットコイン購入でなければ、ここでの購入が楽です。

数万円程度なら販売所の購入でいいと思いますし、一番最初の購入はそれくらいの金額にしておいた方がいいです。(最初から多額の金額を買うのは避けた方がいいです。)

そして少額を分割して買う「ドルコスト平均法」をお勧めします。
【参考記事】≫ ドルコスト平均法とは

【2】
二番目の「現物の取引所」は少し慣れが必要で、慣れないうちは操作ミスなどをしてしまう可能性があります。

一番目との違いは手数料の違いです。表向きは手数料無料となっているところでも、実際はスプレッドというのが手数料のようなものです。(実際には手数料が取られるわけではなく、買える暗号資産(仮想通貨)の数量が減ります)

一番目の販売所で買う方が、取引所で買うよりも手数料が少し高い。(3%~5%くらいで取引所によって違う。)

なので、多額の暗号資産(仮想通貨)を買う場合は、二番目の「現物の取引所」で買うようにしましょう。

先ほども紹介したこちらの記事には、取引所での買い方も解説しています。(イーサリアムを例にして)
【参考記事】≫ コインチェックでビットコインとイーサリアムを買う方法

【3】
三番目の「レバレッジの取引所」は初心者が手を出してはいけないし、こちらは実際にビットコインを購入したことにはなりません。

実際にビットコインを持てるわけではないので、購入したビットコインを他へ移動させることはできませんので、注意してください。

「現物」と書いてあるものだけが、実際にビットコインを購入できるところです。

現物取引とレバレッジ取引の違いはこちらで解説してます。
【参考記事】≫ 暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引とは?
【参考記事】≫ 暗号資産(仮想通貨)の現物取引とは?

 

イーサリアム

イーサリアムも同じようにどこの取引所でも購入できます。

下記では取引所コインチェックを例に解説していて、イーサリアムは二番目の「現物の取引所」での買い方を画像付きで解説しています。

コインチェックでビットコインとイーサリアムを買う方法

NFTを買うのも、DeFi始めるのも、まずは暗号資産(仮想通貨)を購入するところから始まります。まずは少額(数千円)でもいいから、未経験の世界飛び込んで、新しいことを始めてみませんか?

初心者向けならこちらの記事もあります。
≫【初心者向】今さら聞けない暗号資産(仮想通貨)とは何か?
≫【初心者向】意外と知らない暗号資産(仮想通貨)価格がなぜ上がるのか?

☟ 記事が参考になったら、こちら応援クリックもお願いします。その他暗号資産(仮想通貨)情報も見れます。
にほんブログ村 投資ブログ 暗号資産(仮想通貨)へ
≫ にほんブログ村

 

さらに詳しく暗号資産(仮想通貨)のことが知りたいのなら、こちら。

暗号資産(仮想通貨)の基本を独学したい方はこちらの記事をどうぞ。

【無料】チャート分析を独学したい方はこちらで勉強できます。

トレードに必要なのは技術だけではありません。メンタルについても実体験をもとに書いてます。