Beablog 仮想通貨とトレードテクニックのブログ

仮想通貨のDeFi(ディファイ)とは?庶民でもお金を増やすチャンスがある!

Crypto DeFi & CeFi

DeFiに興味がある人
「DeFiはお金が増やせるみたいだから始めてみたいけど、なにをどうすればいいのかさっぱりわからない。仮想通貨&海外サイトだから不安でしかたない。誰か簡単にわかりやすく、DeFiとはなにか?始め方やメリットデメリットを教えて欲しい。」

このような疑問に答えます。

✓この記事でわかること
  • DeFiとはなにか?
  • DeFiのメリット                   
  • DeFiのデメリット                      
  • DeFiの種類                         
これを書いている私は、資産の大半を仮想通貨にして運用中。NFTも3つのマーケットプレイスで販売しています。

仮想通貨のDeFi(ディファイ)とはなにか?

仮想通貨のDeFi(ディファイ)とはなにか?
DeFi(ディーファイ)とは、Decentralized Financeの略で、一般的に「分散型金融」と訳されます。

分散型金融?ピンとこないですよね。
難しい説明は他のサイトにまかせて、ここではわかりやすく簡単に説明します。

「分散」と「金融」を切り分けて説明しましょう。

「金融」

その名の通り、銀行や証券会社、そして株式会社が行っていることが、DeFiではできます。違うのは、法定通貨ではなく仮想通貨という点。

しかも、銀行ではなく個人がお金を貸して利用料を得たり、通貨交換で手数料を得たり、仮想通貨を預けて利息を得たり、仮想通貨を担保に別の仮想通貨を借りたりできます。

わかりますか?

一個人である庶民が銀行などが行っていることと同じような仕組で利益を得ることができるのです。(※仮想通貨での話で、法定通貨ではできません

「分散」

これはブロックチェーンの特徴なのですが、普通の会社と違って中央に権限を持った管理者が存在しないという意味です。こういう形態での組織を「DAO(ダオ)/非中央集権」といいます。

管理者がいない?
何か問題があったらどうするの?

そう思いますよね?

そうです。管理者がいないので、アプリ上での操作はすべて自己責任です。ブロックチェーン上に作られたDeFiというのは、自動で作業が行われます。それがブロックチェーン、正確にはイーサリアムブロックチェーンの特徴です。

だけど、そのアプリを誰かが作っているわけですから、運営者?(制作者?)はいます。なので、システムに問題が発生した時には、この人達が対処します。

細かいことを抜きで説明すると
DeFiとはブロックチェーン上に構築された仮想通貨の金融システムということです。

初心者向け解説

ブロックチェーンなどについて、もう少し知りたい方はこちらをどうぞ。
≫ ブロックチェーンやビットコインとはなに?初心者向けにゼロから解説
DAOやイーサリアムについて、もう少し知りたい方はこちらをどうぞ。
≫ 【基本】イーサリアムとは何か?ビットコインとの違いを丁寧に解説

さらに解説

実はDeFiと呼ばれるところがすべてDAOで運営されているわけではありません。管理者がいるところもあるし、今は管理者がいるけどいずれDAOに移行しようとしているところもあります。

例えば海外取引所であるバイナンスは、DeFiのようなサービスは誰か責任者がいる中央集権で運営されるべきであると主張してます。

私もどちらかといえば、誰か責任者がいる方が安心して通貨を預けられると思います。

その代わり、通常の会社のようにどこの誰であるかを伝える必要があります。後述しますが、DeFiのサービスを使うのにどこの誰であるかを伝える必要が一切ないというのもDeFiの特徴です。

国も国籍も人種もなにも境界がなく、誰でも匿名で使えるのがDeFiです。(だから悪用もされる)

日本国内にはDeFiはない

日本発のDeFiはありません。

日本の仮想通貨取引所はすべて会社(中央集権型)運営で、通貨の入出金などは人が行なっています。だから、手数料も高いし、時間もかかります。

DeFiの始め方

DeFiといっても沢山の種類があるので、ここでは簡単な流れだけを説明します。

DeFiを始めるために必要なもの

  • ウオレット
  • 仮想通貨

* * *

◆ウォレット
ウォレットとは仮想通貨を入れておく財布みたいなもの。このウォレットをDeFiのアプリケーションに繋ぐだけで、DeFiサービスが利用できます。(これは簡単で、ボタンをクリックするだけで済む)

代表的なウォレットのメタマスクのダウンロードや使い方を解説してます。
≫ 【最新】MetaMask(メタマスク)とは? 使い方を丁寧に徹底解説
注意;
DeFiは基本イーサリアムブロックチェーン上で動作しますが、今はその上にさらにいろんなチェーンを構築して動作するチェーンもたくさん生まれてます。それらチェーンに合わせてウォレットを変えたり、通貨をブリッジ(チェーンの変換)をしたりする必要があります。

◆仮想通貨
これがないと話になりません。国内取引所か海外取引所で仮想通貨を購入してウォレットに送金します。

DeFiを始める手順 (初めて仮想通貨を買う場合)

  1. 国内取引所で仮想通貨を買う
  2. ウォレットに仮想通貨を送金する 
  3. ウォレットをDeFiサイトに繋ぐ
  4. 仮想通貨を交換する
  5. サービスを始める

* * *

1、国内取引所で仮想通貨を買う
国内取引所は基本どこでもいいのですが、金額が大きい場合は手数料の差がでてきます。「入出金、取引手数料無料」と書いてあるところは、スプレッドで見えない手数料を取ってます。

※ これについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
≫ 仮想通貨取引のスプレッドに注意!見えない手数料が想像以上に大きい

2、ウォレットに仮想通貨を送金する。
詳しくは前述したメタマスクの使い方記事をご覧ください。

3、 ウォレットをDeFiサイトに繋ぐ
これは各DeFiサイトによって若干違いますが、だいたい右上に「Connect Wallet」のボタンがあります。それをクリックすると、ウォレット側で承認を求められるので、承認すれば繋がります。

これも前述のメタマスクの使い方をご覧ください。

4、 仮想通貨を交換する
DeFiサービスを扱う際に指定の仮想通貨が必要になるので、それを用意します。
DeFiサイト内でも通貨交換できますし、ウォレット内でも通貨交換できます。

5、サービスを始める
サービスは実に多様ですが、初心者でも可能な代表的なサービスを3つ紹介します。

代表的な3つのサービス

  • レンディング=仮想通貨を預けて金利を得る
  • ステーキング=仮想通貨を預けて金利を得る
  • ファーミング=仮想通貨を預けて、通貨交換で手数料を得る

この3つは仮想通貨を預けるだけで利益を得られ、初心者でも簡単にできるサービスです。

詳細はそれぞれ別記事で解説していますので、そちらをご覧ください。

DeFiサービスの種類

◆レンディング
≫ 仮想通貨のレンディングで不労所得。スキルなしでも得られる年利5%

◆ステーキング
≫ 仮想通貨ステーキングで不労所得。スキルなしで年利10%以上が狙える

◆ファーミング
≫ 仮想通貨ファーミングで不労所得。スキルなしで年利20%以上が狙える

この他にもいろいろありますが、まずは上記の3つで経験を積んでからの方がいいです。

DeFiのメリット

DeFiのメリット
  • 円預金より金利が高い
  • 手間がかからない(不労所得)
  • スキルを必要としない

* * *

円預金より金利が高い

日本の銀行預金では、金利が年率0.001%ですが、仮想通貨のレンディングだと最低でも年率1%~です。

仮想通貨の種類にもよりますが、3~5%は普通にあります。預金の3000倍以上です!(ただし、仮想通貨自体の価格が下がるリスクはある)

手間がかからない(不労所得)

仮想通貨トレードで利益を得るには売買を繰り返さないといけないけども、上記に挙げたDeFiサービスなら、仮想通貨を預けるだけで年利3%〜20%以上のリターンを得られます。

何もしなくていいので、ほんとうに不労所得です。

例:年利5%で100万円を1年間預ければ5万円のリターン。このリターンを含めた金額を預け続ける複利計算でいくと、10年後には162万円になります。
年利10%で複利計算をすると、10年後には259万円。年利20%で10年後には619万円になります。

いかに金利のパーセンテージがすごいかがわかると思います。こういうのが、お金でお金を稼ぐという意味です。(ただし、リターンが高い分リスクも高いので、余剰資金で小さい額から始めた方がいいです。)

注意;
10年間金利と、利息でもらえる仮想通貨の価値が変わらないという前提です。実際は毎日金利は変動するし、仮想通貨の価値は上下動するので掲載の数字通りにはいきません。

スキルを必要としない

トレード(仮想通貨売買)で利益を出すには勉強と経験のスキルを必要とし、いつ売買するか?というタイミングが損益を大きく左右する。

レンディング、ステーキング、ファーミングも厳密にはいつ買うか?は重要だけど、一度買ってしまえば、後は預けておくだけで勝手に金利がつく。(副業に向いている)

DeFiのデメリット

DeFiのメリット
  • 海外の業者でないとできない
  • 預けてある仮想通貨の価格が下落する可能性がある
  • 利息は預けてある仮想通貨とは別の仮想通貨で支払われる
  • 預金保険の対象外
  • ハッキングや詐欺により資金が盗まれる可能性がある

* * *

海外の業者でないとできない

日本国内の業者ではいまのところレンディングしかできません。

海外サイトなので基本英語です。
なにかトラブルがあっても、英語でしか対応してもらえないので、英語ができないと不便。(ブラウザーの翻訳機能を使うと少しはマシになる)

※ 英語ができないとなにかとリスクも高まります。(操作ミスや単語の読み違いなど)

預けている仮想通貨の価格が下落する可能性がある

預けている仮想通貨の価値が大きく下落すれば、いくら金利で仮想通貨が増えたとしても、合計はマイナスになります。逆に仮想通貨の価格が上がれば、円に対して想定以上にお金が増える。

なので、いつ買うか?というのはステーキングやファーミングでも重要になります。しかし、いつ買うのがベストなのかは誰にもわからないので、価格が大きく下がった時に買うか、ドルコスト平均法※ を使って買うという方法がベター。

※ ドルコスト平均法とは、一度に買わずに分割して買うことで、高値で買うリスクを減らして買値を平均化するというもの。

レンディング、ステーキング期間中は引き出すことができないところがあるので、価格が下落しても売買することができない場合もある。こういうときは、より多くの損をだす可能性もある

利息は預けてある仮想通貨とは別の仮想通貨で支払われる

レンディングは基本、預けてある通貨と同じ通貨で利息をもらえる。

ステーキングはアプリケーションによって違いますが、預けた仮想通貨と違う仮想通貨で利息払いをするサービスも多いです。

ファーミングは別の仮想通貨で支払われる。

重要;
これは隠れたリスクです。なぜなら、前述したように価値が下落する可能性が、預けてある仮想通貨と、利息でもらう仮想通貨と両方にあるから。(だからこそ、高い金利が設定されている。リスクとリターンは比例します)
多くのところが独自トークンを利息払いの仮想通貨にしている。そのため、どこでステーキングするか?というのは、すごく重要な要素になる。

ここで怪しげなところに通貨を預けてしまうと、金利としてもらった仮想通貨の価値がゼロになったりすることもあります。

あと、他と比べてあまりに金利の高いものは、リスクも高いので注意が必要です。ステーキングする際は、有名なところと有名な通貨にしておいた方がいいです。

預金保険の対象外

預けてある取引所が破綻する可能性があります。この場合、預けた仮想通貨は戻ってこないと考えた方がいいです。(破綻リスク)

国内の銀行に預けているお金は、銀行が破綻しても1000万円までは預金保険で戻ってきますが、DeFiはこれの対象外です。

つまり、取引所が破綻すれば基本的に預けた仮想通貨は戻ってきません。(ただし、後述するように戻ってくることもある)

そもそも海外取引所なので、日本の法律で守られてはいません。

※ ですから、どの取引所に預けるか?は重要です。
しっかりした企業、またはしっかりしたバックボーンがある取引所を選ぶほうがより安心できるでしょう。

ハッキングや詐欺により資金が盗まれる可能性がある

仮想通貨を預けてる取引所がハッキングされて、資産を失う可能性があります。

ハッキングとは、仮想通貨を預けてあるところのコンピューターに違法に侵入して仮想通貨を盗みだすこと。

仮想通貨とは現物ではなく、ただのデータなので、悪意あるプログラミングに詳しい人(ハッカーと呼ばれる)がPCに侵入して盗みます。

2018年に国内取引所のコインチェックがハッキング被害にあい、580億円相当の暗号資産が流出しました。

この時には、仮想通貨の一部が補償されたようです。NEM(ネム)という仮想通貨だけが補償の対象となった。
あと、事件翌日から全ての通貨で入出金ができなくなったので、被害に合っていない人にも不利益が生じた。(ちなみに規約上では補償をしなくても問題ないことになっていた)

このようにハッキングされるというのは世界中でもあちこちで起こっています。そして、失った資産が補償されるか否かは各取引所によって違ってきます。

ハッキングは私たちにはどうすることもできません。盗まれた仮想通貨も保証されるかどうかもわかりません。ですから、金利が高いからといってあまり多くの資産を投入しない方がいいです。

詐欺に気を付ける

仮想通貨詐欺は主に偽サイトを作ってそこに誘導し、ウオレット(仮想通貨の財布)を接続させたあとに資金を盗むという手口です。

これは私たち自身で防ぐことができます。

詐欺に対する防衛策
1、検索した時に、URLを必ず確認する。
本物のサイトURLなら、シンプルで短いはずです。(やたら長いのは怪しみましょう)

2、検索した時に広告はクリックしない。
NFTの大手マーケットプレイスであるOpenSeaの偽サイトが広告でトップ出ていたことがあります。気を付けましょう。

3、最初にアクセスするときは信頼できそうなサイトからアクセスし、そのページをブックマークしたら、2回目以降はブックマークから開くようにする。

例えば私のサイトは安全です。一番最初はこういうサイトリンクからURLを開くようにしてください。

* * *

より複雑なDeFiの運用方法を知りたい方はこちらをどうぞ。

* * *

DeFiに関するQ&A

Q:DeFiで得た利益には税金がかかりますか?
A:はい、かかります。
  仮想通貨関連の暗号資産に関する利益は雑所得に区分されます。
  なので、利益が20万円を超えた場合は課税対象になります。  
  詳しくは、お近くの税務署にお問合せ下さい。

なお、こちらはコインチェックという企業が仮想通貨の税金について、わかりやすくまとめているページです。https://coincheck.com/ja/article/16

Q:DeFiiを始めるにはどこがいいですか?おすすめはありますか?
A:初心者にお勧めはこの2つです。
Binance(バイナンス)とpancakeswap(パンケーキスワップ)。

理由はバイナンスはカナダ、フランス、ドイツなどで営業ライセンスを取得している取引所だから。パンケーキスワップは日本語対応しているからです。

バイナンスが扱っている通貨種類は数百種類あります。なので、ほとんどの通貨を取引できます。逆にここで扱っていない通貨は怪しいと思った方がいいでしょう。もしくは売買量が少なすぎて価格変動が危険な通貨という場合もあります。

Q:DeFiサービスの金利はどれくらいを選べばいいですか?
A:金利20%未満のものが無難(それでもリスクはあります)
 取引所、仮想通貨の種類、預ける期間によって金利はまったく違ってきます。その幅は、3%〜100%以上とかなりあり、上限はないくらいです。

ですが、できれば20%未満くらいの方が望ましいです。もし20%以上のステーキングやファーミングをするのなら、リスクがあることを承知した上で少額を投入した方がいいでしょう。

※ 2022年5月に99.99%下落して実質ゼロ価値になったLUNAという仮想通貨のステーキング金利は20%でした。時価額3兆円近くあった仮想通貨が数日で0円になってます。

それと、金利数値より重要なのが、どの通貨を選ぶか?ということです。前述したように仮想通貨の価格自体が下がれば意味がありませんから、なるべくしっかりした仮想通貨を選ぶことをお勧めします。

初心者ならビットコインかイーサリアムがいいでしょう。(金利は1%~5%くらいです)

Q:DeFiのサービスに参加するには最低量はどれくらいからですか?
A:取引所によって違う。
  ほとんどの場合、最低量は設定されていないはず。いくらからでも始められるので、数千円とか1万円分くらいで試してみるのがお勧めです。これで感覚を掴んでみるといいでしょう。

ただし、中には手数料だけで数千円取られるところもあるので、最後に出てくるガス代などはしっかりチェックしてから「承認」ボタンを押しましょう。

Q:レンディング、ステーキングは途中で解約できますか?
A:取引所によって違う。
  できないところもあれば、できるけど解約金が発生するところもある。

  ステーキングする前によく調べてから行いましょう。 

以上でDeFiの解説を終わります。
メリットとデメリットをしっかり把握した上で、行動しましょう。

* * *

仮想通貨を稼ぐなら、GameFiもおすすめします。(副業にも向いている)

ゲームをするだけで仮想通貨をかせげるGameFiとは?

* * *

◆仮想通貨に関して初歩的なことが分からない方はこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨初心者が一番最初に読むべき記事